You are currently browsing the tag archive for the ‘カイロ’ tag.

姿勢は、体のバロメーター!

椅子に座って仕事が増えた現代

椅子に座る時は
「つねに膝が腰より低くあること」を心がけると
体の姿勢が保ちやすく
体がより機能的に働き
仕事がよりはかどります!

Sciatica1

お試しください

Be Healthy! Be Happy!

広告
5秒でできる
あなたと家族の大切な命を守る方法
「車」編
どんなに気をつけていても
起こってしまう可能性のある交通事故
 
サンディエゴ脊柱リサーチセンターによると
交通事故の際
とくに
後方からの衝突の際
 
頭の後部を守るカーシートが
高いのと低いのでは
脊柱に、首に、筋肉に
与えるダメージが格段に近いとのこと
 
頭のヘッドピースは
極力「高く」
キッチリと頭の高さまであることを
確認してください!
 
Be Healthy! Be Happy!

とってもとっても体の大事な話

私たちの体は
「半無意識」に
神経系の活動を通して
私たちの体をプログラムしています

untitled

たとえば
痛みが右肩にあったら

その痛みを避けるように
「半無意識」に右肩を動かし始め
そのプログラムを体に埋め込みます

その「半無意識」のプログラムが
良いように働くこともありますが
多くの場合
体に悪く働き始めます

それを
「アダプテーション」と言います

images1TJ97D0G

「アダプテーション」は
痛みだけではなく
色々な体の問題にも関係しています

そのネガティブなアダプテーションは
アレルギーの原因ともなります

untitled1

小さいころから
薬や注射や人工的なもので生活をいっぱいにすると
体は「半無意識」に
それらの物を嫌うかのように
アダプテーションし
過剰反応な体を作ります

1.食物アレルギー
2.喘息
3.アトピー
4.花粉症

特に赤ちゃんや子供の体は
色々なことを常に
「半無意識に」吸収しプログラムし続けています

「半無意識」の体の状態を把握していますか?
体を素晴らしくプログラムしていますか?

Be Healthy! Be Happy!

睡眠は健康にけしてなくてはならない要素!! しかしながら、今の仕事仕事の世の中、眠らない競争社会、 最高の睡眠をとっている人は少ないような気がします。 自分もその被害者にならないために、今回「最高の睡眠をするために」 と題して、色々リサーチ結果を紹介させていただきます。 ここアメリカでは、睡眠薬は当たり前。 ウィスコンシンの工場で夜中の仕事をする人は多々。 まず、なぜ睡眠が大事かについて、

  • 最高の睡眠をすることによって、たくさんの病気を避けることができます。例えば、癌、心臓病、便秘、胃潰瘍も睡眠不足に関連しています。(詳細はDr. MercolaのWebを参照してください。)
  • 最高の睡眠、特に夜の11時から1時からの睡眠は、成長ホルモンを促がします。「もう、歳だから、成長ホルモンなんて関係ないと思っている方こそ、より多くの成長ホルモンを生成することによって、より若く健康に体を保つことができます。
  • 最高の睡眠をすることによって、胆汁が毒素の解毒を行なってくれ、脂肪の蓄積を低下させ、肥満の原因を下げてくれます。良い睡眠が行なわれないと、胆汁は肝臓に逆戻りしてしまい、その効果を最大限活用することができません。
  • 最高の睡眠をすることによって、次の日により集中して仕事や勉強が行なえるのは言うまでもありません。

そんな大切な大切な睡眠をよりよくするために、いくつか簡単にできることを紹介します。

  1. まず部屋を出来る限り暗くします。小さいランプや電子機器やテレビなどを極力さけ、暗い空間を作り上げます。暗い環境こそ、脳の下垂体が最大限メラトニンやセロトニンなどの睡眠に必要なホルモンを作り上げてくれます。
  2. 寝る1時間前は、テレビや映画などを観ずストレッチ、瞑想、お祈り、ダイアリーをつける、パートナーと語るなど、出来る限り目からの刺激を避けましょう。目からの刺激は脳に大きな影響を及ぼし、最高の睡眠をするための準備作りを阻害します。
  3. カフェインやお酒や刺激物を夕方から避けることは言うまでもありません。コーヒーを飲んでも眠れるという方でも、極力刺激物は夕方から避けましょう。カフェインをとっても起きずに寝れているといっても、それが最高の睡眠に等しいとはいえません。
  4. 3-4時間前に、良性のたんぱく質をとる。とくに、良性たんぱく質は、L-トリプトファンというたんぱく質を含み、メラトニンなどの睡眠に必要なホルモンの生成に欠かせません。
  5. 3-4時間前に、フレッシュな野菜とフルーツをとる。フレッシュな野菜と果物はL-トリプトファンをメラトニンに変える過程で必要な食物です。
  6. 快適な睡眠の部屋の温度は意外と低く、15度から20度ふさわしいとDr. Mercolaの研究ではなっています。かといって冷暖房に頼りすぎるのも、部屋の乾燥を引き起こしますので、毛布などの調整も重要な要素のひとつです。
  7. ベットタイムと起きる時間は、週末を通して極力同じ時間に保つことが、理想的です。ベットタイムの前は、お風呂に入ったり、スティームバスに入ったりして、寝る前のパターンを同じにすることによって、体も必然的にそのパターン慣れ自然と寝、自然と起きれるようになります。
  8. ソックスをはきましょう。足は一番、血行が悪い場所です。冷えると特に健康が悪くなります。冷え性などで起きない人でも、ソックスをはくことによって、より体の循環が良くなり老廃物などをより良く取り除いてくれます。
  9. カイロプラクターにチェックしてもらう。神経のバランスは、睡眠と深く関係しています。特に交感神経と副交感神経のバランスが整っていることは、最高の睡眠に必要不可欠です。

今回長々とかかしてもらいましたが、 最高な睡眠 = 最高の健康 =最高なライフスタイル の方程式は不動だと思います。

sleep

良い睡眠を!Be Healthy! Be Happy! 参考文献

これまでのブログで

「アレルギーの軽減、予防、治療 パート1」

「アレルギー回避。危険信号グルテン パート2」

につにて書きました。参照までに↓

https://drakioshita.wordpress.com/2012/01/

今回のブログでは、「カイロプラクティックがいかにアレルギーに効果的か」について紹介したいと思います。

まず、通らなくてはいけないハードルは、「カイロプラクティックって何?」という質問です。

日本では主に、

「カイロプラクティック = 腰痛、肩こり、頭痛の治療法」

と考えられています。

もちろんカイロプラクティックはこれらの症状に効果的ですが、

カイロプラクティックの本来の目的は、

「神経の流れを背骨のアジャストによって整え、体本来が持っている自然に治そうとする力を高める」

体のすべての器官をコントロールする、神経系をカイロプラクティックによって調整する

神経の流れの向上

体が周りの環境から受ける刺激やストレス(アレルギーの原因)をよりうまく処理する

つまり、体の対応能力が拡大

もっと詳しい説明の知りたい方はこちらから → http://www.chiroinfo.org/chiro.html

現代の世の中、人間の体はこんな感じです。

姿勢の崩れは、神経系の働きを阻害します。

特に首(頚椎)の神経は

をコントロールして、多くのアレルギーの問題と関わっています。

左が正常な首のレントゲン。

右が姿勢の崩れによって神経に負担をかけているレントゲン。

ずっと座って仕事をしていると、勝手に右の首になって行くプロセスが想像できます。

大切なことは、先ほども述べたとおり、

首の痛みや頭痛ではなく、阻害された神経です。

神経のが阻害されると、アレルギーだけではなく色々な健康問題を発生してしまいます。

体の機能を高めるために、コップを大きくするために、現代のストレスやアレルギーの原因にうまく対応するために

カイロプラクティックは不可欠です。

↓このように進化論が提唱されないように、ひとりひとりが健康に対する意識を向上させていかないといけません。Be Healthy! Be Happy!