You are currently browsing the category archive for the ‘3分ヘルシーレシピ’ category.

最近グリーンスムージや野菜スムージーなどのレシピをよく見かけるようになりました。

みんなが、色々なレシピをWebなどでシェアしあって、健康になっていくことはとっても素敵なことだと思います。

日本に帰って気づいたことに、ここアメリカで当たり前の野菜がなかなか日本では、手に入らないこと。。。

私の実家が田舎すぎなのか、ベイビースピナッチが手に入りにくいことを確認。

あと先日3色タコスで使わしてもらった、固めのロメインレタスも手に入りにくいと言うこと。

今回は、日本でどこでも、わっさり、手に入ってしまう

「水菜のグリーンスムージ」を紹介します。

Webでも、まだまだあまり紹介されていないので

世界初は言いすぎですが、アメリカ初ではないかと思っております。

水菜はいっぱい、一気に買えて、安くて、栄養価がたかい野菜ですが、傷みやすい!!!

なので、ありすぎた水菜をつかって、スムージを実家に帰ったときにつくったのでここで紹介。

水菜の栄養素

  • 「良質のカルシウム」とくに緑黄の野菜からとれるカルシウムは牛乳よりも何倍も健康的です
  • 「鉄分」疲れていませんか!?疲れているときは、甲状腺に問題があるケースが多いですが、最近クリニックでよく診るケースでは、ヘモグロビンの問題。鉄分はヘモグロビンの生成するために欠かせない栄養素です。ヘモグロビンが酸素をうまくからだの隅々に、運んでいないと疲れやすい体質になります。
  • 「ポリフェノール、リコピン」などのアンチエイジングの生きた酵素!いうまでもなく、体の新しく生成するために、体を新陳代謝させるために、体を病気から守るために、これらの生きた酵素は必要不可欠です!料理すると酵素は壊れやすいので注意!
  • 「ビタミンとミネラル」からだのホルモンバランス、ケミカルバランスを整えるのになくてはならない補酵素です!

材料

  • りんご 1個
  • バナナ 2/3
  • 水菜 1掴み
  • パセリ 適量
  • セロリ 1房
  • ココナッツミルク 1缶
  • オリーブオイル 大さじ2-3
  • きゅうり 1/2
  • プロテイパウダー (オプション)日本のプロテイパウダーの多くは「アスパルテーム」という甘味料が多く入っていることに日本かえって気づきました。NO NO NO アスパルテームでお願いします。これ甘味料は、神経に害を及ぼします。
  • 生卵 1個 (オプション)

つくり方

  • 切って
  • ミキサーに入れて
  • ブレンド!

これ以上に、簡単で健康なファーストフードこの世の中にありません。「わたし、朝時間がないから、朝食は。。。」

3分でできてしまいます。

スムージは、体をより冷ましてくれる働きがあるので、この暑い夏には最適です。

ではいつものように、Be Healthy! Be Happy!

夏バテ。じめじめ。体力不足。

そんなときは、ディトックス 「レモネード」

改め

ディトックス 「レモン-エイド」

レモネードは英語でLemonade。今回のレシピは、レモン-エイド「Lemon-Aid」

Lemon」は日本語で「レモン」 「Aid」は日本語で「体を助ける。体を回復させる。」

現在売られている、レモネードは砂糖たっぷり。人工的なレモン味が多々。人口甘味料たっぷり。

砂糖は体を酸性に変えます。酸性に変わった体は、

  • 免疫の低下。
  • バクテリアや菌の増殖。
  • がん細胞の促進。
  • 膵臓のインシュリンを分泌します。
  • 過剰に分泌されたインシュリンは肝臓に負担をかけます。
  • 肝臓が疲れると、体のディトックスが衰えます。
  • 体はディトックスできないと、疲れの原因や病気の原因になります。

などなど、言い出したらきりがありません。

過去の「苦い砂糖の真実」のブログはこちらから↓

からだを、本当に内から健康にするには、自然な材料からつくられた「レモン-エイド」

売られてるレモネードはやめて、今日から簡単、手作り、「レモン-エイド」を始めましょう!

vanilla-lemonade-sl-x

材料

  • 1リットルの水
  • 2個のレモンからとられる、レモン汁
  • 1つまみの海の塩
  • 1カケの生姜からとられる、生姜汁
  • 大さじ1の生ハチミツ(オプショナル)
  • ミントの葉 (オプショナル)

これらの材料をミックスして完成!3分簡単、ディトックス「レモン-エイド」です。

レモン自身は酸性でありながら、体をアルカリ性に変えてくれます。アルカリ性の体

  • がん細胞を殺してくれます。
  • 体の中のホルモン、ケミカルバランスを整えて効率の良い体をつくってくれます。
  • 免疫の強いからだになります。
  • 体の消化器系助けます。

生姜は体の慢性的な炎症を抑えてくれます。体が慢性的に炎症状態は、

  • 糖尿病に拍車をかけ
  • 心臓病や脳卒中の確率を高め
  • 関節や体の痛み

の原因になります。

この夏は「レモネード」ではなく、「レモン-エイド」で Be Healthy! Be Happy!

日本人、1日3食「米」をたべてなんぼ!

自分自身、日本に居たときは、3食「米」を主食に育ちました。

ここ春になって夏や梅雨も近くなってくると、熱々のご飯がのどをとおりにくいのも現実。

そんな今日は、

「冷たくて」、「すっきりで」、さらに「ヘルシーな」ライスサラダのレシピを紹介します!

米の代わりに、キヌア、玄米、ワイルドライス、きび、をつかったらよりシャリシャリで他の具と合います。

今回のレシピでは、キヌアを使いました。

他のキヌアのレシピもこちらから↓ 「焼キヌア」と「キヌアピラフ」のレシピです。

まずは材料から

  • 3カップ キヌア、玄米、もしくはワイルドライス(ブレンドしてもよしです)
  • 2テーブルスプーン オリーブオイル
  • 2テーブルスプーン レモン汁
  • 3カケ ガーリック
  • 1/2テーブルスプーン 海の塩
  • 1/2-1ティースプーン ローズマリー
  • 1/2-1ティースプーン オレガノ
  • 1/8ティースプーン カイエンペッパー
  • 1/2カップ チアシードのゲル
  • 1ズッキーニ(細切り)
  • 1トマト(角切りに)

(オレガノ、ローズマリーなどの香辛料はフレッシュがベストですが、ドライの香辛料でもOKです!)

そして料理法

1.キヌアを2倍の水の量で炊きます。(約10分間で炊けちゃいます。もしくは、残ったご飯や冷えたご飯でも代用可能。残り物も使えて助かります。)

2.炊いた後は、ボールに入れて室温になるまで冷まします。

3.冷ましている間に、野菜の下準備。

4.冷まされたキヌアに、オレガノ、ローズマリー、みじん切りのガーリック、オリーブオイル、レモン汁とズッキーニを入れてまとまるまでまぜます。

5.最後に、型崩れしたくないトマトと、チアシードのゲルを入れてまとめます。

このレシピに、バジルやメキシコ人がよく使うコリアンダーの葉っぱ(シラントロ)を使っても最高です。

ご飯やキヌアの準備が出来ていたら、3分で作れてしまう、簡単ヘルシーレシピです。

お試しあれ!

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

  • チアシードのレシピ

「低脂肪」「低カロリー」「低コレステロールー」「0カロリー」 のレーベルがたくさんの食品業界ですが、これまでも述べてきたとおり、 低カロリー = 健康食品 と言う方程式はまったくもって成り立ちません。 低コレステロール = 心臓病になりにくい と言う方程式もまったくもって成り立ちません。 脂質についての過去のブログはこちらから↓

今日は、それに関連したトピック。 NO!NO!マーガリン!GO!GO!バター!について書きます。 結論から書きますと、 マーガリンは、人間が作り出した食品。さまざまな病気の原因となっています。 バターは、自然からの恵み。スーパーフードの1つで、マーガリンの代わりにどんどん使っちゃいましょう。

まず、マーガリンの作られる過程から。この過程を知るだけでマーガリンを使いたくなります。

  1. マーガリンはコーン油や植物油や大豆油から作られます。(特にアメリカにお住まいの方は、これらの油はGMO=Getetically Modified Organismつまり食物のDNAを人間が買えた食品なので心臓病、糖尿病などさまざまな病気の原因となるので避けましょう。)
  2.  これらの油を固形化するために、ニッケルと銅などの化学物質を加えます。(顕微鏡で見たときに、マーガリンの構造はプラスティックにそっくりです。もちろん、人間の体は、プラスティックをうまく消化しません。)
  3. 固形化したときに、この油の色が灰色に変わるので、化学物質によって色抜きします。(灰色のマーガリンが売っていたら、もちろんみんな購入しないと思うので。)
  4. そして、そのブリーチした固形の油にバターのようなクリーミーな香りと食感を付けるために、乳化剤を加えます。

この過程を知るだけで、マーガリンを食べたくなくなります。 ある実験では、マーガリンを常温で外に置いておいた時に、1-2年後経ってもカビも虫もよりつかないという実験結果も出ています。普通の自然の食品は腐るはずです。腐らないということは、自然からかけ離れていると言うことです。 アリや虫も、人間の作り出したマーガリン(プラスティック)は食べたくないのは当然です。 下の写真は、右下がバター。右上がマーガリン。左下が低脂肪マーガリン。  次にマーガリンの健康悪影響について書きます。 マーガリンは、「トランス脂肪酸」と言う脂質を含んでいます。 この脂質は人間が作り出した脂質で、体の中で脂質として消化されず体内に毒と言う形で蓄積されていきます。 日本では、そこまで規制はありませんが、ニューヨーク市地域やカナダなどで、トランス脂肪酸は厳しくされています。 なぜなら、このトランス脂肪酸は、心臓病な脳卒中などの原因になると証明されてきたからです。 そして、構造上プラスチックに近いこのマーガリン。

ご存知のとおり、プラスチックはゴミなどの埋立地などでも、土に分解や吸収されず そのままの形で長い間土の中に埋もれています。それが、自分の体の中で起こっていると思うと いかにマーガリンが健康に悪影響か、理解できます。 次回のブログでは、バターの健康への好影響について書いていきたいと思います。 Be Healthy! Be Happy! 参考文献

今年こそはダイエット。

今年こそは目標10キロ減。

今年こそはやせます。

これが、American New Year Resolution.

つまり「新年の誓い。」

現実は厳しいもので、その目標、誓いを達成する人は一握りの人。

現に60%以上のアメリカ人は、肥満もしくはオーバーウェイト。

そのパーセンテージもうなぎのぼりで、まったく下がる傾向がありません。

ファーストフードのドライブスルーは車の行列。

毎日、水のように飲むソーダの缶の山。

日本食といえば、寿司。

アメリカ食いえば、ハンバーガーかピザを想像します。

今回の健康3分レシピは、健康ピザです。

どうしてもピザの食べたい瞬間があるのは、人間の性。

ピザだって、健康食品の仲間入りしたいはずです。

3分のというと、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、下準備が3分、オーブンでクッキングが15分です。

材料

  • マシュルーム (ビタミンDを始め、たくさんのミネラルの宝庫)
  • アボカド(良質な脂質と20種類のミネラル)
  • オニオン (Sulfar Food とよばれ アンチエージング、抗がんの効果があります)
  • ベイビースピナッチ (ベーターカロチン、ビタミン満載)
  • ミニトマト (ライコピン、ベターカロチン、細胞の再生に必要な栄養素)
  • ひき肉 または 小さくきったサーモン または スモークサーモン(オメガ3などの良質脂質)
  • オリーブオイル (またまた健康脂質です)
  • 健康ピザクラスト(自分で作ることも出来ます。今回は3分クッキングのため既製品を使いました。クラストは出来る限り小麦で出来ているものを避けます。)
  • オーガニックモツァレラチーズ
  • マヨネーズ、マスタード、塩、こしょう(←オプション、アメリカのチーズは塩分を含んでいるので、実際に味をつけなくても十分おいしいピザが作れます。)

3分クッキングなので、材料の量は適当でお願いします。

作り方

1.健康ピザクラストにオリーブオイルをうっすらとひきます。このときにお好みでマヨネーズもしくはマスタードもうっすらとひきます。

2.そのピザクラストにひき肉もしくはサーモン と マシュルームをのせて180度から200度に熱したオーブンの中に入れます。

3.約10-12分経ったらオーブンを開けて、肉もしくはサーモンにちゃんと火がとおっているかを確認して他の野菜系の材料をのせ、チーズで仕上げます。

4.3分ほど軽く野菜に熱をとおしたら完成!

野菜に極力火をとおさないのは、野菜の栄養や酵素が壊れないようにするため。下準備3分のヘルシーピザの出来上がり!

次回のブログでは、自分で作ることの出来る健康ピザクラスト作り方を紹介します。

Be Healthy! Be Happy!

良性の脂質たっぷりのヘルシーかつ3分クッキングサラダです。

前回のブログで良性脂質は体の健康にとってなくてはならないという話をしました。

(仕事の昼休みに3分で作ったもの)

スモークサーモン&アボカドサラダの材料

  • 適量のサーモン
  • 1個のアボカド
  • プチトマト
  • オーガニックチーズ
  • ベイビースピナッチ

ドレッシング

  • 1個のライム
  • バルサミックビネガー適量
  • オリーブオイル

最初にサーモン。オメガ3と言う必須脂肪酸をたくさん含んでいます。オメガ3は心臓病や癌やメタボリックシンドローム予防に大きくかかわっています。

次にアボカド。20種類のミネラルを持っているだけではなく、アボカドの良性脂質は、他のサラダに入っている野菜のビタミン吸収を3-5倍にも高めてくれます。

最後にオリーブオイル。アメリカの最も大きい病院の1つ マヨクリニック(Mayo Clinic)の最新リサーチでは、オリーブオイルに含まれている一価不飽和脂肪酸は、コレステーロールと血糖値のバランスを整えてくれます。

忙しい毎日の中でスムージーは友達。

ブレンダーさえ持っていれば、早い、美味しい、健康朝ごはんの出来上がり。

材料

  1. 1本のセロリ
  2. 1つかみのベイビースピナッチ(ほうれん草)
  3. 1葉のケール
  4. 1房のパセリ
  5. 1個のりんご
  6. 1つのバナナ
  7. 1-2カップのココナッツミルク もしくは アーモンドミルク
  8. オリーブオイル少々

すべての材料をブレンダーにいれてミックス。

さらに健康を目指す人に

  • 1-2個の生卵
  • ココナッツパウダー
  • レモン味のフィッシュオイル
  • プロテインパウダー

をブレンダーに追加