You are currently browsing the category archive for the ‘睡眠’ category.

世界がドンドン私たちのテクノロジーで狭くなる最近。

飛行でブーンな最近。

出張、出張、な最近。

 

多くの方が苦しまれているこのコンディション。

 

「時差ボケ」

 

体は、リズムが好きです。

体は、バランスが好きです。

 

一昔では、考えられないほど、

世界は狭くなっているのかもしれません。

 

6つの時差ぼけ解消法

  1. 体を動かす。運動する。最初の数日は、なかなかきついですが、太陽が上がっているとき、体を動かす。汗をかく、体を動かすことは、体内時計のリセットを促進してくれます。
  2. 太陽光を浴びる。目は、12個の脳神経のうち、4つの脳神経に直接関連しています。太陽光を受けることで、目を通して直接、体内時計に働きかけます。
  3. 日が上がっている内は、極力外に出る。家や室内にこもりがちだと、昼寝をしてしまったり、寝すぎてしまいます。それを繰り返すことで、なかなか体内時計がリセットされません。無理やりでも、外に出てで、新しい時間帯になれることが必要です。
  4. 旅先でも、自分のやっている毎日の習慣を続ける。なれない場所では難しいことですが、体はいつもの習慣を覚えています。例えば自分の場合は、朝=走る。ジムに行く。スムージーを飲む。昼=16分昼寝をする。夜=シャワーを浴びて、ストレッチをする。これらのことを旅先でもすれば、体は日頃のリズムに素早く戻ります。
  5. 寝るときは、極力真っ暗な状態を作る。コンピューターのモニター、テレビ、目覚ましのピカピカも寝るパターンをリセットする妨げとなります。
  6. 寝る2-3時間前は、極力眼への刺激を抑える。#2にも言えることですが、目はたくさんの脳神経と関係しています。テレビ、携帯などの動画は、目と脳を刺激し、自分では感じていなくても興奮効果を与えます。

 

以上

最高の睡眠のために。

最高の出張のために。

最高の旅行のために。

Be Healthy! Be Happy!

睡眠は健康にけしてなくてはならない要素!! しかしながら、今の仕事仕事の世の中、眠らない競争社会、 最高の睡眠をとっている人は少ないような気がします。 自分もその被害者にならないために、今回「最高の睡眠をするために」 と題して、色々リサーチ結果を紹介させていただきます。 ここアメリカでは、睡眠薬は当たり前。 ウィスコンシンの工場で夜中の仕事をする人は多々。 まず、なぜ睡眠が大事かについて、

  • 最高の睡眠をすることによって、たくさんの病気を避けることができます。例えば、癌、心臓病、便秘、胃潰瘍も睡眠不足に関連しています。(詳細はDr. MercolaのWebを参照してください。)
  • 最高の睡眠、特に夜の11時から1時からの睡眠は、成長ホルモンを促がします。「もう、歳だから、成長ホルモンなんて関係ないと思っている方こそ、より多くの成長ホルモンを生成することによって、より若く健康に体を保つことができます。
  • 最高の睡眠をすることによって、胆汁が毒素の解毒を行なってくれ、脂肪の蓄積を低下させ、肥満の原因を下げてくれます。良い睡眠が行なわれないと、胆汁は肝臓に逆戻りしてしまい、その効果を最大限活用することができません。
  • 最高の睡眠をすることによって、次の日により集中して仕事や勉強が行なえるのは言うまでもありません。

そんな大切な大切な睡眠をよりよくするために、いくつか簡単にできることを紹介します。

  1. まず部屋を出来る限り暗くします。小さいランプや電子機器やテレビなどを極力さけ、暗い空間を作り上げます。暗い環境こそ、脳の下垂体が最大限メラトニンやセロトニンなどの睡眠に必要なホルモンを作り上げてくれます。
  2. 寝る1時間前は、テレビや映画などを観ずストレッチ、瞑想、お祈り、ダイアリーをつける、パートナーと語るなど、出来る限り目からの刺激を避けましょう。目からの刺激は脳に大きな影響を及ぼし、最高の睡眠をするための準備作りを阻害します。
  3. カフェインやお酒や刺激物を夕方から避けることは言うまでもありません。コーヒーを飲んでも眠れるという方でも、極力刺激物は夕方から避けましょう。カフェインをとっても起きずに寝れているといっても、それが最高の睡眠に等しいとはいえません。
  4. 3-4時間前に、良性のたんぱく質をとる。とくに、良性たんぱく質は、L-トリプトファンというたんぱく質を含み、メラトニンなどの睡眠に必要なホルモンの生成に欠かせません。
  5. 3-4時間前に、フレッシュな野菜とフルーツをとる。フレッシュな野菜と果物はL-トリプトファンをメラトニンに変える過程で必要な食物です。
  6. 快適な睡眠の部屋の温度は意外と低く、15度から20度ふさわしいとDr. Mercolaの研究ではなっています。かといって冷暖房に頼りすぎるのも、部屋の乾燥を引き起こしますので、毛布などの調整も重要な要素のひとつです。
  7. ベットタイムと起きる時間は、週末を通して極力同じ時間に保つことが、理想的です。ベットタイムの前は、お風呂に入ったり、スティームバスに入ったりして、寝る前のパターンを同じにすることによって、体も必然的にそのパターン慣れ自然と寝、自然と起きれるようになります。
  8. ソックスをはきましょう。足は一番、血行が悪い場所です。冷えると特に健康が悪くなります。冷え性などで起きない人でも、ソックスをはくことによって、より体の循環が良くなり老廃物などをより良く取り除いてくれます。
  9. カイロプラクターにチェックしてもらう。神経のバランスは、睡眠と深く関係しています。特に交感神経と副交感神経のバランスが整っていることは、最高の睡眠に必要不可欠です。

今回長々とかかしてもらいましたが、 最高な睡眠 = 最高の健康 =最高なライフスタイル の方程式は不動だと思います。

sleep

良い睡眠を!Be Healthy! Be Happy! 参考文献