You are currently browsing the category archive for the ‘母乳’ category.

自分自身、耳鼻咽喉科に行くのが嫌いで嫌いだった子供時代。

膿や水が耳にたまったら、変な機械でその膿をウィーーーーーーンと吸い取られたのを思い出します。うるさいし、痛いし、中耳炎最悪!と嘆いたのは私だけでしょうか?

カイロプラターになって生後4日の赤ちゃんから93歳のおばーちゃんをアジャストしている毎日ですが、特に現代の歪んだ生活習慣と身体に有害なトキシンのあふれる世の中、中耳炎のこどもが増加しているのが現状です。

まずは中耳炎の背景より

  • ここアメリカでは毎年、10,000,000件の中耳炎のケースが出ています。
  • 約50%の赤ちゃん(0歳ー1歳)が中耳炎になるという統計がとられています。
  • 約75%の3歳未満のこどもが中耳炎になるという統計がとられています。
  • 多くの医者は抗生物質を処方しますが、中耳炎の原因の多くはウィルス性なので、抗生物質は効果がないことが多いです。
  • さらに抗生物質は、多くの良性のバクテリアも殺してしまい、他の健康問題(発疹や下痢)を起こます。
  • Dr. Mercolaのリサーチでは、100件中80件の中耳炎は、抗生物質なしに治るという研究結果を報告しています。

中耳炎の予防策から

  • 粉ミルクを使わず、母乳でそだてる。(数々のリサーチがこのデータをサポートしています。粉ミルクで育てられた子供の、中耳炎、喘息、湿疹の率は母乳で育てられた赤ちゃんより格段に高いです。)
  • 砂糖類と穀類(とくに麦製品)を避ける。(糖類は免疫低下し、麦製品に含まれる、グルテンは食物アレルギーの確率を増やし、身体の炎症、免疫低下を促がします。)
  • 乳製品を避ける。(特に殺菌された牛乳など。殺菌された乳性たんぱく質は、身体に吸収されにくく、これまた食物アレルギーや身体全体の炎症傾向を高めます。)
  • 清涼飲料水とフルーツジュースを避ける。(100%のフルーツジュースも砂糖を多く含んでいるので、免疫低下の原因となります。直接オレンジなどをその場で絞ったジュースはOKです。)
  • フィッシュオイル、プロバイオティック、ビタミンDをサプリとして使う。(これらのサプリは子供の免疫を高め、中耳炎の予防となります。)
  • カイロプラティックケアを定期的に受ける。(現代のお産は、自然分娩とは程遠く、最初の神経の問題の多くは、お産で起こります。特に上部頚椎の神経の問題は、多くの耳、鼻、鼻腔の問題と関係しています。定期的にアジャストするとこで身体の神経機能を高めます。)

中耳炎の自然療法

  • ガーリックオイル(100%ピュアのニンニクオイルを耳に2-3滴たらし、2-3分片方ずつゆっくりとしみこませる。ニンニクには、バクテリアとウィルスを殺す作用があります。)
  • 母乳 (母乳を2-3滴耳にたらし、2-3分片方ずつゆっくりしみこませる。Dr. Mercolaのリサーチでは、24-48時間後に多くのケースが改善したというリサーチがでています。)
  • 暖めた玉ねぎ(玉ねぎを半分に切って、オーブンなどで暖めて、ガーゼなどに包んで、耳の後ろ側にあてる。リンパ腺を暖め、リンパの流れを活性化させる。リンパの流れの向上により、膿や水やワックスのクリーニングが活性化されます。)
  • カイロプラティック。(上部頚椎の神経系を整えることにより、耳の神経と耳を保護する分泌物のバランスを整えます。免疫を高め、中耳炎のバクテリアやウィルスに対して、身体の内から戦う力を促がします。)

ちょっとワイルドなアイディアもありますが、これが中耳炎を自然に解消していくレシピです。

お試しください!Be Healthy! Be Happy!

参考文献

広告

最近不思議なことに、自分の周りで多くの人が、新しい命の誕生に喜んでいます。 赤ちゃんの誕生はとても喜ばしいこと。 すべての両親がその赤ちゃんのHappyHealthyを願うのは当然。 今日のブログは、そんなHappyとHealthyをさらにUPUPさせる「母乳」について書いていきます。 自分の患者さんをはじめ、ここアメリカでは「母乳で育てる」という傾向が減ってきています。 「最近は良い粉ミルクがあるから。。。」「働いているとなかなか。。。」「母乳がでぬくいから。。。」など理由は様々です。 男の自分が声を高々にして言うのもなんですが、 「母乳」が赤ちゃんの最高健康食品! 自然に勝るものはありません。 「最近は良い粉ミルクがあるから。。。」Dr. Mercolaのリサーチよれば、母乳は400種類の栄養素を含み、人間がどんなに知識を振り絞っても、その自然の力に勝ることはできません。 「働いているとなかなか。。。」これは現代の経済&社会状況と関連していますが、「幸せなお産が日本を変える」の著者、吉村正先生も強くうったえていますが、新生児と両親のBonding(心と体のコミュニケーション)を考えると必要不可欠です。 「母乳がでぬくいから。。。」アメリカの母乳支援団体 Le Leche Leagueは、「母乳もトレーニング。母親が自然で健康な食事をとっていくと、徐々に母乳の量も増えていく」としています。 母乳がなぜそこまで大切なのか!?母親と新生児にとって両方にプラスです。

  • 母乳をした母親の乳癌発ガン率は、母乳しなかった母親と比べて、格段に低いです。母乳をすることによって、母親の女性ホルモンをととのえてくれます。https://drakioshita.wordpress.com/2012/10/09/%e4%b9%b3%e7%99%8c%e4%ba%88%e9%98%b2%ef%bc%99%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%81/
  • 母乳をした母親は、出産前の体重により早く健康的に戻ります。母乳を作ると言うことは、カロリーとエナジーをたくさん消費し、出産前の体重に効果的に戻ります。
  • 母乳を育てられた新生児のIQは3-5ポイント高いというリサーチがでています。Dr. James W. Anderson, professor of medicine and clinical nutrition at the University of Kentuckyによると、母乳の60%良性脂質。神経系の発達に必要なDHAとアラキドン酸を多く含んでいます。
  • 母乳で育てられた赤ちゃんの肥満になる確率が低くなります。母乳は脂質とたんぱく質を主に含みます。多くの粉ミルクは、炭水化物を多く含みます。新生児の舌も生まれた瞬間からトレニーングしなければなりません。多くの糖分を生まれたときからとっていると、肥満そして糖尿病の原因となります。
  • 中耳炎、気管支炎、湿疹、ぜんそく、アレルギーの確率を下げます。これらの病気の主な理由は体全体がとても炎症に敏感になっているということです。特に、生まれてまもなく、体の免疫システムが育っていないなかで、多くの粉ミルクなどの人工的につくられた食品は、体の免疫を混乱させます。
  • 母乳は乳児の消化器系に良性のバクテリアを提供して、下痢と壊死性腸炎の確率を下げます。Dr. Natasha Campbell-McBrideのリサーチによると、良いバクテリアは、体の免疫を促進して乳児の体を守ってくれます。
  • 母乳は自閉症の確率を下げます。これまた、Dr. Natasha Campbell-McBrideのリサーチ。日本では100人1人の子供が、アメリカでは80人1人が自閉症を診断されています。自閉症と家族との戦いは、今の社会問題となっています。
  • 乳幼児突然死症候群の確率下げます。Dr. Vennemannのリサーチです。

これらが母乳のHappyとHealthyの理由です。多くの赤ちゃんとお母さん、そしてその家族がより自然な形で健康になることを願って!Be Healthy! Be Happy! 参考文献

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

広告