You are currently browsing the category archive for the ‘抗生物質の危険性’ category.

Dr. Mercolaのリサーチによれば、約75%の女性が生涯に一回は経験する 「カンジダ」

赤ちゃんにもたくさん起こります

11479-1

目に見える症状もあれば

目に見えない症状もたくさんあります

目に見える症状と言えば

赤い発心や、白いイースト菌が、耳鼻咽喉あたりに、消化器系に、生殖器あたりに

増殖し、皮膚や粘膜が白くなってしまいます

ただ単にその部分が白くなってしまうだけではなく、他の健康問題にも関係しています

自律神経の疾患や他のホルモンバランスを崩す原因ともなります

症状例

  • 疲れ、体のだるさ
  • 消化器系の問題、セリアック病
  • 体重が増加
  • 心の不安
  • 頭痛
  • 偏頭痛

体に見える部分もあれば、見えない部分もたくさんあります。

その原因は今のネジ曲がった生活習慣と薬の多用が原因です

原因

  • 抗生物質の多用
  • 糖分のとり過ぎ
  • お酒
  • 加工食品のとり過ぎ
  • ステロイド系の薬やクリームの使い過ぎ

imagesXHTZV402

単純に説明するなら、体に住む バクテリア イースト菌 ウィルス のバランスが崩れいて起こる現象です

なので

自然な改善方法は、その崩れたバランスを、より良い方向に手助けしてあげる。それを達成するためには

  • 発酵食品をとる (体に良い善玉菌を増やし、体のバクテリアのバランスを整えてくれます
  • 緑黄色野菜をとる (体の回復に必要なミネラル、ビタミン、コエンザイムを供給し、体の免疫を強くします
  • チアシードやフラックシードをとる (これらの種系食品は、抗イースト菌があります)
  • 砂糖のすくないクランベリージュースを飲む (イースト菌は、酸性のクランベリージュースを好みません)
  • カイロプラクティックケア (体のバランス、神経のバランス、体をすべてコントロールする力が弱くなると、回復が最高に達しません)

images3I5JR5UP

以上

今の世の中に増えに増える「カンジダ」の対策を紹介いたしました

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

Dr. Mercola のリサーチ

Dr. Axeの文献

広告

薬やワクチンが答えではないと言うことは、世界に知っていただきたいです!!!

シェアの方よろしくお願い致します。

生姜湯 - 生姜はBacteria(バクテリア) にも Virus(ウィルス)にも効果的です。お湯に皮付きの薄く切った生姜を約15-20分弱火で茹でます。その生姜湯に、生の生姜をすり入れて、はちみつを加えて出来上がりです。最後に生の生姜をすりいれるのがポイントです。茹でてしまうと、よい栄養も壊れがちなので。その茹で汁は、大量に作って、冷蔵庫で4-5日は保存できます。

うがい ― その生姜水でうがいをしたら、のどもすっきりします。イソジンなどは、色々なケミカルが入っています。

ビタミンD3 - ビタミンD3は免疫にもっとも大切な栄養素です。今では、がん患者にビタミンDを注射して入れるということもしています。太陽光に体の半分以上を約10-15分間あてると、必要なビタミンD3は取れるのですが、安全な日焼けサロンに行かないといけません。ビタミンD3のサプリとしては、値段的にみてCarlsonのビタミンDのサプリがお手ごろでよい質です。20,000IUまで普通にとっても大丈夫なので、Overdoseしてください。

I-herb.comなどをご参照ください。

部屋の喚起 - 部屋の喚起は必要不可欠です。特に冬は、喚起の回数が減りますので。

プロバイオティックのサプリ - 特に抗生物質などの薬をとった人に必要不可欠です。抗生物質は、良性の消火器系のバクテリアも殺してしまいます。なので、プロバイオディックのサプリを抗生物質をとった後に、キーワードは「後に」です。でないと、抗生物質の前や同時に取ってしまうと、サプリの良性のバクテリアも殺してしまいます。

砂糖、乳製品、小麦製品を一切控える - これらの食品は、体を酸性に変え、悪い菌やウィルスの住みやすい環境を体に作ってしまいます。さらに砂糖や糖分は体の免疫を下げます。

Green IS BETTER! 緑黄色野菜を取りましょう。体の免疫に必要なビタミンD,E,C群が豊富に含まれています。特に、DとEは良性の脂肪と一緒にとることによって、吸収率がUPします。もし、風邪やインフルのせいで消化が良くない状態の人には、スムージーや野菜を蒸して食べることを勧めます。炒めたりすると栄養素が壊れてしまうので。

良性の脂肪 - 自然からとられる脂肪(アボカド、オリーブ油、グレイプシードオイル、ココナッツオイル)は、男性女性ホルモンの生成は、Fight & Flight(ストレスホルモン) コーチゾルを作るために必要不可欠です。特に、体が菌と戦っているときは、コーチゾルと言うストレスホルモンが必要です。

カイロプラティックケア - Dr. Ron Pero (New York Cancer Institute)のリサーチでは、カイロプラクティックのアジャストによって、免疫がカイロを受けていない人と比べると200%と強いと言うリサーチを打ち出しました。免疫に必要なT-cellやKiller Cellの活動が活気付けられたいうリサーチがあります。

Be Healthy! Be Happy!

自分自身、耳鼻咽喉科に行くのが嫌いで嫌いだった子供時代。

膿や水が耳にたまったら、変な機械でその膿をウィーーーーーーンと吸い取られたのを思い出します。うるさいし、痛いし、中耳炎最悪!と嘆いたのは私だけでしょうか?

カイロプラターになって生後4日の赤ちゃんから93歳のおばーちゃんをアジャストしている毎日ですが、特に現代の歪んだ生活習慣と身体に有害なトキシンのあふれる世の中、中耳炎のこどもが増加しているのが現状です。

まずは中耳炎の背景より

  • ここアメリカでは毎年、10,000,000件の中耳炎のケースが出ています。
  • 約50%の赤ちゃん(0歳ー1歳)が中耳炎になるという統計がとられています。
  • 約75%の3歳未満のこどもが中耳炎になるという統計がとられています。
  • 多くの医者は抗生物質を処方しますが、中耳炎の原因の多くはウィルス性なので、抗生物質は効果がないことが多いです。
  • さらに抗生物質は、多くの良性のバクテリアも殺してしまい、他の健康問題(発疹や下痢)を起こます。
  • Dr. Mercolaのリサーチでは、100件中80件の中耳炎は、抗生物質なしに治るという研究結果を報告しています。

中耳炎の予防策から

  • 粉ミルクを使わず、母乳でそだてる。(数々のリサーチがこのデータをサポートしています。粉ミルクで育てられた子供の、中耳炎、喘息、湿疹の率は母乳で育てられた赤ちゃんより格段に高いです。)
  • 砂糖類と穀類(とくに麦製品)を避ける。(糖類は免疫低下し、麦製品に含まれる、グルテンは食物アレルギーの確率を増やし、身体の炎症、免疫低下を促がします。)
  • 乳製品を避ける。(特に殺菌された牛乳など。殺菌された乳性たんぱく質は、身体に吸収されにくく、これまた食物アレルギーや身体全体の炎症傾向を高めます。)
  • 清涼飲料水とフルーツジュースを避ける。(100%のフルーツジュースも砂糖を多く含んでいるので、免疫低下の原因となります。直接オレンジなどをその場で絞ったジュースはOKです。)
  • フィッシュオイル、プロバイオティック、ビタミンDをサプリとして使う。(これらのサプリは子供の免疫を高め、中耳炎の予防となります。)
  • カイロプラティックケアを定期的に受ける。(現代のお産は、自然分娩とは程遠く、最初の神経の問題の多くは、お産で起こります。特に上部頚椎の神経の問題は、多くの耳、鼻、鼻腔の問題と関係しています。定期的にアジャストするとこで身体の神経機能を高めます。)

中耳炎の自然療法

  • ガーリックオイル(100%ピュアのニンニクオイルを耳に2-3滴たらし、2-3分片方ずつゆっくりとしみこませる。ニンニクには、バクテリアとウィルスを殺す作用があります。)
  • 母乳 (母乳を2-3滴耳にたらし、2-3分片方ずつゆっくりしみこませる。Dr. Mercolaのリサーチでは、24-48時間後に多くのケースが改善したというリサーチがでています。)
  • 暖めた玉ねぎ(玉ねぎを半分に切って、オーブンなどで暖めて、ガーゼなどに包んで、耳の後ろ側にあてる。リンパ腺を暖め、リンパの流れを活性化させる。リンパの流れの向上により、膿や水やワックスのクリーニングが活性化されます。)
  • カイロプラティック。(上部頚椎の神経系を整えることにより、耳の神経と耳を保護する分泌物のバランスを整えます。免疫を高め、中耳炎のバクテリアやウィルスに対して、身体の内から戦う力を促がします。)

ちょっとワイルドなアイディアもありますが、これが中耳炎を自然に解消していくレシピです。

お試しください!Be Healthy! Be Happy!

参考文献

ここアメリカではThanksgiveingが終わってますますホリデーの季節になってきました。 この季節に人々を悩ますもの。。。「風邪」「インフルエンザ」 しかし、冬 = 風邪やインフルエンザの季節 と言う方程式はまったくもって臨床的に証明されません。

untitled

ただ単に冬になると

  • 太陽を浴びる機会が減りビタミンDの不足。それにより免疫システムの低下。
  • 基本的にエクササイズをする機会が減り、免疫システムの低下。
  • 冬になると、室内に閉じこもりがちで空気の入れ替えがなく、呼吸器官の低下。
  • ホリデーの季節では人々は糖分をよりとりがちで、その糖分が人体で悪い影響を及ぼすバクテリアの餌となります。

これらの理由より、人々は風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。ということは、冬でもビタミンDをしっかりとって、エクササイズして、室内にこもりすぎず、糖分をとりすぎなければ健康でいられるということです。 インフルエンザの季節でも、健康な人は100万といます。 今回のトピック「抗生物質」。この免疫が低下する季節には多くの人が抗生物質を使います。

もちろん、危険なバクテリアを倒すために抗生物質は必要な治療ですが、この抗生物質が今アメリカのリサーチで話題になっています。 「抗生物質は肥満を増加させる。」 ニューヨーク大学ランゴーン医療センターで微生物学の教授のDr Martin Blaserによると 抗生物質は人体にいる悪いバクテリアと良いバクテリア両方を殺してしまいます。 良いバクテリアばいなくなることにより、消化器官の満腹感と空腹感をつかさどるホルモンや酵素の生成かうまくいかず 食べても、食べても満腹を感じず、空腹感を感じ続けます。 現にアメリカの家畜産業では、牛や豚に定期的に「抗生物質」をあたえより太らせているのが現状です。 クリスマス、ニューイヤーと素敵な時間か続くときだからこそ大切なもの。「健康」 次回のブログではどうやって良いバクテリアを人体増して、自然に健康でいられるかについて書きます。 Be Healthy Be Happy!!!!!! Dr. Akishi Oshita 参考文献

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

広告