You are currently browsing the category archive for the ‘乳製品’ category.

生理痛と聞くと、女性ホルモンをすぐに考えてしまいます。しかし、生理痛の原因は女性ホルモンのバランスが崩れているからだけではありません。

最も大切なことは、体はつながっていて、たくさんの要素が生理痛に関係していることを把握することです。

例えば、副腎のホルモン(コーチゾル=ストレスホルモン)の生成は、女性ホルモンの生成に関係しているため、ストレスが生理痛に物凄く関係してることはうなずけます。

甲状腺の成長ホルモン(T3やT2)も、女性ホルモン生成に関係しています。なので、女性に多く見られる、疲れや髪のカサつきや肌の乾燥もその1つです。

さらに付け加えるなら、膵臓がどのように血中の糖分を処理するか、そして、肝臓の疲れや肝臓の血液洗浄力が衰えることは、さらに女性ホルモンのバランスを崩しかねません。

つまり体を全体で見ることが大切です。

そして生理痛を軽減 もしくは 取り除くための 簡単シンプルな方法を紹介いたします

どんな健康問題もシンプルで

その問題となる

1.原因もしくは危険因子を極力取り除き

2.回復に必要な健康要素を増やすことです

 
 
まず原因もしくは危険因子を取り除く
 
  • 糖分とお酒を極力避ける‐ 糖分は子宮膜の成長を促し過ぎ、子宮膜が生理時に剥がれるときにより重さと痛みを追加します。さらに糖分は体全体の炎症を促し、炎症=痛みの原因 の方手式にさらに拍車をかけます。
  • カフェイン、人工甘味料、炭酸飲料を避ける ‐ これらの物質は、毒素としてより肝臓に負担をかけ、体全体の炎症に拍車をかけます。
  • 避妊薬をさける ‐ アメリカ人の多くは、生理痛が重いとすぐに避妊薬に逃げる傾向にあります。しかし、この人工的に作られたエストロゲンは短い期間では、生理をスキップさせ痛みを除去しますが、より女性ホルモンのバランスを崩し長期的には、逆に生理痛を複雑化させます。
  • 遺伝子組み換えの大豆をさける ‐ 大豆は一時期健康ブームとなりましたが、特に遺伝子組み換えの大豆のイソフラボンは、エストロゲンを困惑させ、女性ホルモンのバランスを崩します。有機栽培の大豆も取り過ぎには気をつけましょう。
  • 牛乳と不健康な肉を極力避ける ‐ 日本はどれくらいまで汚染されているか把握していませんが、アメリカの畜産業は、牛や家畜に異常な量のエストロゲン注射を行いより多く牛乳を生産させようとしています。そのエストロゲン注射を受けた家畜の乳製品や肉をとると、女性ホルモンのバランスを崩します。アメリカ産の肉やヨーグルトなどにも注意が必要です。
  • エストロゲンが含まれている化粧品を避ける ‐ 日本はどうなのか把握していませんが、肌や髪にハリを出すため、化粧品会社は人工的に作られたエストロゲンを商品に入れています。これも体の女性ホルモンのバランスを崩す原因の一つです。ある量までは商品に記載しなくていいのがここアメリカです。

回復に必要な要素を増やす

  • 健康な脂質やコレステロールをとる ‐ 脂質やコレステロールは女性ホルモンを作る必要不可欠な栄養素です。コレステロールなしに女性ホルモンは作られません
  • 緑黄色野菜やミネラルの多い豆類をとる ‐ これらの食品はホルモンを作り出すミネラルやコファクターを含んでいます。特にストレスなどでたくさんコーチゾル(ストレスホルモン)が必要な人は、より多くのミネラルとビタミンをとり、副腎と甲状腺をサポートする必要があります。その他の腺のサポートが女性ホルモンにも好影響を与えます。
  • 太陽光にあたる&ビタミンDとたくさんとる ‐ Dr. Mercolaのリサーチでは血中のビタミンDの量が生理痛に関係していると紹介しています。
  • DIM (diindolylmethane)を含むアブラナ科野菜をとる。アブラナ科の野菜は、キャベツ、白菜、ケール、ブロッコリーなどの野菜で、このDIMは余分なエストロゲンを取り除き女性ホルモンのバランスを保ちます。
  • エクササイズ ‐ 脳と神経の機能を高め、エンドルフィンなどの痛みを取り除くホルモンの活性化を促します(Dr. Mercola)。
  • 有機栽培された綿で作られたパッドとタンポンを使う ‐ 私の患者さんではありませんが、有機栽培された綿で作られた布を使い始めただけで、生理痛が減ったというリサーチをよく目にします。
  • カイロプラクティックを受ける ‐ 前回も紹介しましが、仙骨の角度は女性生殖器の機能に大きく影響を与えます。しっかりとレントゲンを撮って、詳しく分析してくれるカイロプラクターを訪れましょう。

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

自分自身、耳鼻咽喉科に行くのが嫌いで嫌いだった子供時代。

膿や水が耳にたまったら、変な機械でその膿をウィーーーーーーンと吸い取られたのを思い出します。うるさいし、痛いし、中耳炎最悪!と嘆いたのは私だけでしょうか?

カイロプラターになって生後4日の赤ちゃんから93歳のおばーちゃんをアジャストしている毎日ですが、特に現代の歪んだ生活習慣と身体に有害なトキシンのあふれる世の中、中耳炎のこどもが増加しているのが現状です。

まずは中耳炎の背景より

  • ここアメリカでは毎年、10,000,000件の中耳炎のケースが出ています。
  • 約50%の赤ちゃん(0歳ー1歳)が中耳炎になるという統計がとられています。
  • 約75%の3歳未満のこどもが中耳炎になるという統計がとられています。
  • 多くの医者は抗生物質を処方しますが、中耳炎の原因の多くはウィルス性なので、抗生物質は効果がないことが多いです。
  • さらに抗生物質は、多くの良性のバクテリアも殺してしまい、他の健康問題(発疹や下痢)を起こます。
  • Dr. Mercolaのリサーチでは、100件中80件の中耳炎は、抗生物質なしに治るという研究結果を報告しています。

中耳炎の予防策から

  • 粉ミルクを使わず、母乳でそだてる。(数々のリサーチがこのデータをサポートしています。粉ミルクで育てられた子供の、中耳炎、喘息、湿疹の率は母乳で育てられた赤ちゃんより格段に高いです。)
  • 砂糖類と穀類(とくに麦製品)を避ける。(糖類は免疫低下し、麦製品に含まれる、グルテンは食物アレルギーの確率を増やし、身体の炎症、免疫低下を促がします。)
  • 乳製品を避ける。(特に殺菌された牛乳など。殺菌された乳性たんぱく質は、身体に吸収されにくく、これまた食物アレルギーや身体全体の炎症傾向を高めます。)
  • 清涼飲料水とフルーツジュースを避ける。(100%のフルーツジュースも砂糖を多く含んでいるので、免疫低下の原因となります。直接オレンジなどをその場で絞ったジュースはOKです。)
  • フィッシュオイル、プロバイオティック、ビタミンDをサプリとして使う。(これらのサプリは子供の免疫を高め、中耳炎の予防となります。)
  • カイロプラティックケアを定期的に受ける。(現代のお産は、自然分娩とは程遠く、最初の神経の問題の多くは、お産で起こります。特に上部頚椎の神経の問題は、多くの耳、鼻、鼻腔の問題と関係しています。定期的にアジャストするとこで身体の神経機能を高めます。)

中耳炎の自然療法

  • ガーリックオイル(100%ピュアのニンニクオイルを耳に2-3滴たらし、2-3分片方ずつゆっくりとしみこませる。ニンニクには、バクテリアとウィルスを殺す作用があります。)
  • 母乳 (母乳を2-3滴耳にたらし、2-3分片方ずつゆっくりしみこませる。Dr. Mercolaのリサーチでは、24-48時間後に多くのケースが改善したというリサーチがでています。)
  • 暖めた玉ねぎ(玉ねぎを半分に切って、オーブンなどで暖めて、ガーゼなどに包んで、耳の後ろ側にあてる。リンパ腺を暖め、リンパの流れを活性化させる。リンパの流れの向上により、膿や水やワックスのクリーニングが活性化されます。)
  • カイロプラティック。(上部頚椎の神経系を整えることにより、耳の神経と耳を保護する分泌物のバランスを整えます。免疫を高め、中耳炎のバクテリアやウィルスに対して、身体の内から戦う力を促がします。)

ちょっとワイルドなアイディアもありますが、これが中耳炎を自然に解消していくレシピです。

お試しください!Be Healthy! Be Happy!

参考文献

「目あけられないぐらい頭痛が。。。」

「大きい音は頭に。。。」

「休むしか。。。」

「ストロボみたいな光りが。。。」

カイロプラターとして、臨床する中でこういった偏頭痛の悩みをよく聞きます。

アメリカのNational Women’s Health Information Centerによると、

40,000,000人のアメリカ人が慢性期的な頭痛に悩まされています。

特にその中でも、偏頭痛は生活習慣に大きく影響するので、

今日はその偏頭痛を自然に解消する方法を紹介したいと思います。

偏頭痛と言っても理由は様々。

  • ホルモンバランスが崩れることによって起こる偏頭痛。(女性の生理の周期と関係。甲状腺の問題)
  • 血圧や血管の収縮拡張に伴う偏頭痛。(ストレスなどの交感神経と副交感神経のバランスの乱れ、生理などからおこる貧血)
  • 食物アレルギーから起こる偏頭痛。(MSGグルタミン酸ナトリウムなどを含む食品、グルテン、人工甘味料)
  • 脊柱の問題(脊柱の歪みによる、脊髄や脳幹にストレス)
  • 体に溜まった毒素(銀歯、不摂生な食生活)
  • 薬の副作用(薬の副作用をチェックすることが不可欠です)
  • 季節の変り目。湿気など。
  • 刺激物(香水、強い光、スパイス)

今回のブログでは簡単にできる偏頭痛解消ステップを紹介します。

カイロプラクティックで脊柱と神経の歪みをチェック(Dr. Mercola&American Chiropractic Association) 

  • 脳幹や脊髄のストレスをアジャストによって軽減、取り除きます。
  • 上部頚椎は、脳幹や三叉神経にも影響します。
  • 顎の歪みは三叉神経に影響を与え、強い痛みや頭痛を催します。
  • 神経のバランスを整えることで、体の機能UP。

食物アレルギーのおもな原因となっている食品を避ける(Mayo Clinic &Dr. Axe)

  • 小麦 (グルテンを含むすべての食べ物)
  • 乳製品
  • 魚介類 (特に養殖の魚)
  • 大豆食品(日本ではまだそこまで、出回っていませんが遺伝子組み換えなどの食べ物)
  • 木の実やナッツ系

ディトックス!体の毒素を取り除く(Dr. Mercola)

  • 水銀を含む、銀歯を取り除き安全な歯の詰め込みにする
  • MSGを避ける(グルタミン酸ナトリウムを含むすべての食べ物)
  • 人口甘味料やアスパルテームを避ける
  • カフェイン

マグネシウムを多く含む食べ物をたくさん食べる (Dr. Axe)

  • 豆類
  • 緑黄色野菜
  • マグネシウムのサプリ(特に生理中の方)

水分の吸収

  • 水分の低下は、体のすべてのホルモンとケミカルバランスを崩します。
  • 水分の低下は、血圧や血液の循環に影響します。

頭痛解消で、より健康によりハッピーに!!!

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

生命の営みの中で、「不妊」とが起こるということはごくごく稀なこと。

生命は自然の法則に逆らわない限り繁栄する。

自然の摂理です

数年前に、話題になったパンダの赤ちゃん。

死んでしまいましたが、動物園という人間の作られた環境のなかで

生命力が衰えるのは当然。

現代人は、自分の手で自分たちの生命力をおとしています。

数十年前は、子供は5-10人いて当然。それが今では不妊症に悩むカップルは、6カップルの内1カップル

もちろん今から、石器時代の生活に戻ることはできませんが、色々なリサーチを参考に今日は自分たちでできる不妊の解消法について書いていきます。

55%の不妊の原因は女性にあり。しかし45%の不妊は男性にあり。つまり、半々です。不妊は女性の問題ではありません。今の不健康の現代、男性の精子は動く力を失っています。なのでこの不妊と言う問題を、カップルで解決していくことが大事です。

o-PREGNANCY-facebook

では今日からできる、不妊解消11ステップ。

1.化学物質を避ける(サランラップやプラスチックの容器を極力避ける。農薬の少ない野菜を買う。ホルムアルデヒドを含む芳香剤やワックスを避ける。)

2.水道水を飲まない(水道水は、消毒されて科学物質でいっぱい。あと古いパイプやパイプの汚染によって水道水にふくまれる重金属は男性精子の天敵です。)

3.高タンパク高脂質ダイエット(妊娠4ヶ月前と妊娠最初の8週間は大切な大切な時間。最初の8週間で胎児の神経系などの基礎が作られます。特に神経系は脂質で主につくられています。)

過去の脂質のブログはこちら↓

4.悪性脂質を避ける(マーガリン、植物油、ファーストフードをさける。これらの油はトランス脂肪酸含みます。絶対にNONOです。ハーバード大学の研究より)

過去のマーガリンのブログはこちらから↓

5.エストロゲンやホルモン含む食べ物を避ける(牛乳。特にアメリカ産の牛肉は、成長ホルモンやエストロゲンの注射を接種されており人工的なホルモンを含みすぎです。)

6.グルテンと乳製品を避ける(食物アレルギーは、顕著に症状が確認されていなくても避けたい食品です。特にグルテンと乳製品は、体全体の慢性的な炎症の原因。精子と卵子は、炎症にとても敏感です。)

グルテンに関する過去のブログはこちらから↓

牛乳に関する過去のブログはこちらから↓

7.STD性病の検査をする(クラミジアは、精子の動く能力鈍らせます。約60%のクラミジアは無症状です。)

8.120日間男女ともに妊娠の準備をする(体は常に変化します。妊娠予定の4ヶ月前から男女ともに栄養や運動やディトックスに気をつけます。)

9.アルコール、タバコ、コーヒーを避ける(1カップのコーヒーは妊娠確率を55%、1グラスのアルコールは妊娠確率を50%ダウンさせます。)

10.妊娠に必要な栄養素をとる(亜鉛 、セレニウム、 マグネシウム、 カルシウム、 B12、 B6、 葉酸 、ビタミンC 、オメガ3脂肪酸)

11.カイロプラクティックケア(神経系がうまく働いていないと、ホルモンバラスが崩れます。生殖器がうまく働きません。とくに、骨盤まわりT10-L2まわり上部頚椎はこれからの機能に不可欠です。)

素敵な妊娠、健康な子供、ハッピーな未来のために!

Be Healthy! Be Happy!

 参考文献

過去のブログで、いかにマーガリンが人間によって科学的につくられ

不健康の原因となっていることについて紹介しました。マーガリンの科学的な構造は、プラスチックにそっくりです。

参照までに↓

https://drakioshita.wordpress.com/2012/03/09/nono%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%aa%e3%83%b3%ef%bc%81gogo%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%81/

今回は、バターにの健康要素についてふれたいと思います。

前回のブログで、まだ日本ではほとんど語られていない牛乳や牛の乳製品の危険性について書きました。

牛乳に含まれている「ベータケイシンA1」と言うたんぱく質が問題。

いま現在の日本の牛乳事情などは、「ベータケイシンA1」の普及状況を把握していませんが、心に留めておきたい情報の1つです。参照までに↓

https://drakioshita.wordpress.com/2012/03/15/%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%81%ae%e7%89%9b%e4%b9%b3%e6%83%85%e5%a0%b1%ef%bc%81/

アメリカでは、やっとマーケットに「ベータケイシン A1」を含んでいない牛乳や牛の乳製品を目にするようになりましたが、普及状況はまだまだです。ヤギのバターは「ベータケイシンA1」を含んでいないのでお勧めです。

もちろん、牛乳や牛の乳製品を完璧にカットすることは不可能ですし、マーガリンと比べると、有機性の牛乳や牛の乳製品はスーパーフードと言っても過言ではありません。

今日は、そんなバターの特徴について書きます。

  1. バターはビタミンの宝庫です。特に、体に吸収されやすいビタミンAがたくさんです。ビタミンAは視力だけではなく、体に必要なホルモンを活発させてくれます。そのほかにも、現代の食事に不足している、ビタミンD,E,とK2がたっぷりです。
  2. バターはミネラルの宝庫でもあります。マンガン、クロム、亜鉛、セレニアムなどアンチエイジングに欠かせません。
  3. バターは良性の脂質たっぷりで、新陳代謝の活性化、免疫の向上、抗生物質の役割も含んでいるので、風邪などで体が弱っているときに欠かせません。
  4. バターは、オメガ3を多く含んでいて、脳の発達、健康的な皮膚に携わっています。
  5. バターが、健康的な牛からつくられている場合は、リノール酸と言う栄養を多く含んでいて、リノール酸は癌を防ぐ栄養素としてもしられています。
  6. バターは、スフィンゴ脂質を含んでいて、この脂質は消化器系を守ってくれます。
  7. 良性のコレステロールをたっぷり含んでいます。コレステロールは、神経系の発達、胆汁の生成、健康的な細胞膜を作り出してくれます。
  8. 日本ではまだあまり知られていませんが、ウルゼンファクターWulzen Factorというホルモンのような栄養素をバターは含み、健康的な関節を促進し、関節炎などを抑制してくれます。

これからもわかるように、

自然から作られるバターは、多くの栄養素を含み、健康を促進してくれます。

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

  • ヤギのバター情報

http://www.yagi-milk.com/SHOP/YB1010.html

  • Dr. Mercolaのウェブ。バターについて

http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2010/12/07/why-is-butter-better.aspx

「朝の始まりは、牛乳の1杯から!」

「背を高くするために、牛乳を1杯!」

「銭湯のあとは、冷たい牛乳をぐいっと1杯!」

ここアメリカでも、日本社会でも牛乳は親しまれている飲み物の1つです。

しかし、いまその根本がくつがえされようとしています。

「牛乳は本当に健康食品なのか!?」

結論から述べますと、現代でまわっている牛乳は決して健康食品とはいえません!

これらが、主な理由です。

  1. まず牛乳をつくる、牛に問題があります。日本の「牛」に対する規制はよく把握していませんが、ここアメリカの牛は、ワクチン、抗生物質の投与。草を与えられず、早く太らすために、トウモロコシや大豆が与えられています。(トウモロコシや大豆で育った牛は、人間の体の慢性的な炎症の原因となり、さまざまな病気の関連しています。)
  2. 牧場を経営している友達によりますと、最近の牛は5-6年で死んでしまうそうです。自然な形で育てられた牛は、10-15年と生き続けます。なので、いまの過剰生産の世の中が、いかに牛に負担をかけ、牛乳に悪影響を与えているか想像できます。
  3. そして、とられた牛乳の過剰殺菌や過剰栄養強化。 日本でも、「低温殺菌。」「高温殺菌。」「ビタミンD強化。」などのレーベルを目にしますが、人間が手を加えることによって、生きた良性のバクテリアや酵素などか殺されてしまい、栄養価が低くなるだけではなく、体に悪影響をあたえ始めます。
  4. そして、多くの牛は、「ベータケイシンA1」という、さまざまな病気となるプロテインを含んでいます。

ここで、「ベータケイシンA1」について少し書きます。

消化のときに「ベータケイシンA1」は「beta-casomorphin-7 (BCM7)」と言うアミノ酸に変えられます。この「BCM7」アミノ酸は人間の体に消化器官にとって大きすぎるアミノ酸で消化不良を起こすだけではなく、このBCM7は神経系にも悪影響を与えます。

  • 自閉症の確率を高めます
  • 糖尿病の確立を高めます
  • 心臓病の確率を高めます
  •  精神分裂症の確率を高めます。
  • 自己免疫疾患の確率を高めます。
  • アレルギーの確率を高めます。

お母さんのミルク、ヤギや羊のミルク、アフリカ&インド&中東出身の牛はこの「ベータケイシンA1」を主に含んでいません。自分のクリニックでも、母乳を子育てに進めていますが、どうしても事情により母乳が難しい場合は、ヤギのミルクを勧めています。それは、ヤギのミルクが、最も母乳に栄養的にみて近い、かつ、ベータケイシンA1を含んでいないからです。牛乳は、母乳からかけ離れています。

乳製品は決して悪い食品ではありません。しかし、正しい知識で、自然に近い乳製品をとることが大切です。

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

  • ベータケイシンA1が引き起こすさまざまな病気についての記事です。少し長いですがGood Infrmationです。

http://naturalbias.com/a1-beta-casein-the-devil-in-your-milk/

  • これは英語のミルクについてのYouTubeビデオです。Dr. Axeより。

http://www.draxe.com/video/the-devil-in-the-milk/

  • ベータケイシンA1の基本情報。素晴らしい情報の数々です。

http://www.betacasein.org/?p=home