You are currently browsing the category archive for the ‘ディトックス’ category.

The main cause of “Heart” Palpitation
is NOT your heart…

10464000005

I hear more and more women
having THESE complaints

“Heart Palpitation”
“Feel like the heart is racing”
“Anxiety”

Not all the time…
But,
it is usually coming from
the HORMONAL IMBALANCE!!!

We have so many things
creating the hormonal imbalance…

STRESS
NERVE IMBALANCE
FOOD
COSMETICS
SEDENTARY LIFE

Once we “earn” the imbalance,
it takes time to harmonize the hormone.

But, it is worth working on our body
NATURALLY.

We have so many
HORMONAL therapies out there.
If you MANIPULATE the hormone artificially,
it CAN create other problems LATER like

PMO
Breast Cancer
Ovarian Cancer
Uterine Cancer
Menstrual problem

A natural way is the best way!

Be Healthy! Be Happy!

エナジーバーの時代は終わりました。。。

品質表示に何が入っているか
ちゃんと見てください

発音できない
聞いたことのない
化学物質と
無理やり人工的に加えられた栄養素

エナジーバーは
健康的にみえて健康ではありません、エナジーをくれません

IMG_1905[1]

今日は
人工的な化学物質いっぱいな
エナジーバーに変わって

我が家の
自然なものだけを使った
健康なエナジーボールの作り方を紹介します (私のWife作)

IMG_1904[1]

材料
レモンの皮(コマギリ) 1つ分
レモンジュース 2つ分
チアシード 1/4カップ
アーモンド 1.5カップ
デイツ 8つ
乾燥されたココナッツの肉 1/2カップ
海の塩 大さじ1/4
ココナッツオイル 大さじ3

作り方
1.レモンジュースにチアシードを加え、15分置く
2.フードプロセッサーにアーモンドとデイツを60秒かけ
3.乾燥されたココナッツの肉、塩、ココナッツオイル、レモン皮、チアシードとレモンジュースをプロセッサーに加え
4.60秒さらにプロセッサーで混ぜる
5.それを丸めて冷蔵庫で冷やす。それにさらにココナッツの乾燥されたパウダーをかける

IMG_1906[1]

化学化合物なし
自然な素材ONLY
良性脂質
高タンパク質
ミネラルビタミンたっぷりの
エナジーボールの完成です

Be Healthy! Be Happy!

いつ作ってもビックリです
本当にチーズなしなのか。。。
と思ってしまいます

クリミーで健康!!!

良性脂質たっぷり、ヘルシー甘味料、タンパク質もありあり

IMG_1893[1]

材料(クラスト)
アーモンドフラワー
オプション(砕いたクルミや他のナッツ)
バター
作り方(クラスト)
1.バターをお湯で間接的に溶かす
2.アーモンドフラワーやクルミなどの砕いたナッツにそのバターを加え
3.容器の底に均等になるようにひき
4.冷凍庫で固める

(クラストの作り方の写真を撮り忘れました。ご容赦ください。簡単です)

IMG_1886[1]

材料(フィリング)
3カップの水に3時間つけた生のカシューナッツ
1/2カップのレモン汁
3/4カップの生ハチミツ
3/4カップのココナッツオイル
バニラエッセンス少々
海の塩少々

IMG_1888[1]
作り方(フィリング)
1.生ハチミツとココナッツオイルをお湯で間接的に溶かし
2.すべてのフィリングの材料をミキサーにいれ
3.ブレンドする
4.混ざったフィリングを固まったクラストに流し込む
5.それを再び冷蔵庫にいれある程度固まったら出来上がり

Be Healthy! Be Happy!

首や脇にビロビロ
ついていませんか?
スキンタグ つまり 肛門皮垂

untitled1

すごい人は
小さいブドウのように
脇の下などに
たくさんついています

どのくらいリサーチで
証明されているかはわかりませんが
歪んだ生活習慣をしている人に
肥満の方に多くあります
毒素をとり過ぎた
私たちの体が
特に
リンパ腺の近く(脇や首)あたりに
毒素を処理しきれないため
肌の外の外にスキンタグとして
悪いものを封じ込めているイメージです

なのでスキンタグの改善はまず
健康的な生活習慣から始まります

しかし
生活習慣を改善しても
どうしても気になる
スキンタグには
こんなナチュラルな方法があります。

1.リンゴ酢
リンゴ酢を綿に湿らして
1日数回 1か月間 スキンタグの
場所に塗る

(ディトックスの王様です)

images1

2.キャスターオイルとベーキングソーダ
2つの混ぜて、クリームを作り
1日数回 1か月間 スキンタグの
場所に塗る

images

3.パイナップルジュース100%
1日数回 1か月間 スキンタグの
場所に塗る

(消化器系の酵素の活性化にも最高です)

untitled

4.玉ねぎの汁
玉ねぎの汁を
1日数回 1か月間 スキンタグの
場所に塗る

(風邪にも、籍にも最高です)

images3R7UME23

5.ティーツリーエセンシャルオイル
オイルをスキンタグに塗り込む
1日数回 1か月間

(ニキビの問題にも最高)

imagesZ88FY5MA

アメリカのスーパーに買い物に行くとビックリです 本当に!!! 本当に!!!本当に!!! 私、勝手にスーパーでHealth Police (健康のための警察ごっこ)を たまにやっております   今日もたくさんの人を逮捕しました:)   例#1 (見てもらったらわかる通り、フレッシュなものは左下のミカンのみ。。。 すべては加工食品です) IMG_1778[1] 例#2 (フレッシュなものは、右下に隠れたリンゴのみ。。。 ちなみに右のマシーンは、呼吸ができない人のために酸素を鼻にチューブで送るマシーンです) IMG_1777[1]   考えてみてください。。。 「おそらく食べないだろうけど、一応、アイスクリームを買っておこう。。。」 「おそらく食べないだろうけど、一応、冷凍ピザ買っておこう。。。」   スーパーで買ったら ストライクアウト です   なので最初の健康への道は、スーパーでの買い物を「賢く」するです   スーパーで買うものが、冷蔵庫の中を象徴し 冷蔵庫の中が、キッチンで作るものを象徴し キッチンで作るものが、私たちの健康を象徴します   なので   わたしは 80/20ショッピング方法 を提案します ショッピングカートの大きなポケットに野菜とフルーツを(80%) ショッピングカートの手前の小さなポケットに加工食品もしくは肉や豆類や卵等を乗せます(20%) 例#3 (こんな感じが私のショッピングカートです。 手間の小さいポッケには、ココナッツミルク、ワイルドライス、豆腐、バターの加工された食品 大きなポッケには、玉ねぎ、サツマイモ、サラダほうれん草、カリフラワー、セロリ、トマト、アップル、パクチー、ニンジンなどの野菜とフルーツ) IMG_1776[1] 日本のショッピングカートはそこまで大きくないですが、 子供を乗せる部分に20%を持っていき 大きなポッケには80%の野菜とフルーツを   Be Healthy! Be Happy!

My Wifeキッチンより

良性脂質たっぷり!
お肌によく!
ミネラルたっぷり!(アボカドは20のミネラルが含まれていると言います)
リッチなテイスト!
お好みでトッピングを変えれて!

IMG_1774[1]

作り方
1.アボカドを半分に切る

2.卵をアボカドにのせる
(卵をたっぷりのせたい方は穴を少しスプーンで大きくしましょう!)

3.200度のオーブンにお好み焼け具合で5-15分

4.トッピング(ミニトマト、パクチー、チーズ、塩、コショウ)
ネギ、パプリカのこまぎり、なども最高かと。。。

5.スプーンですくって、いただきます!

IMG_1773[1]

Be Healthy! Be Happy!

生理痛と聞くと、女性ホルモンをすぐに考えてしまいます。しかし、生理痛の原因は女性ホルモンのバランスが崩れているからだけではありません。

最も大切なことは、体はつながっていて、たくさんの要素が生理痛に関係していることを把握することです。

例えば、副腎のホルモン(コーチゾル=ストレスホルモン)の生成は、女性ホルモンの生成に関係しているため、ストレスが生理痛に物凄く関係してることはうなずけます。

甲状腺の成長ホルモン(T3やT2)も、女性ホルモン生成に関係しています。なので、女性に多く見られる、疲れや髪のカサつきや肌の乾燥もその1つです。

さらに付け加えるなら、膵臓がどのように血中の糖分を処理するか、そして、肝臓の疲れや肝臓の血液洗浄力が衰えることは、さらに女性ホルモンのバランスを崩しかねません。

つまり体を全体で見ることが大切です。

そして生理痛を軽減 もしくは 取り除くための 簡単シンプルな方法を紹介いたします

どんな健康問題もシンプルで

その問題となる

1.原因もしくは危険因子を極力取り除き

2.回復に必要な健康要素を増やすことです

 
 
まず原因もしくは危険因子を取り除く
 
  • 糖分とお酒を極力避ける‐ 糖分は子宮膜の成長を促し過ぎ、子宮膜が生理時に剥がれるときにより重さと痛みを追加します。さらに糖分は体全体の炎症を促し、炎症=痛みの原因 の方手式にさらに拍車をかけます。
  • カフェイン、人工甘味料、炭酸飲料を避ける ‐ これらの物質は、毒素としてより肝臓に負担をかけ、体全体の炎症に拍車をかけます。
  • 避妊薬をさける ‐ アメリカ人の多くは、生理痛が重いとすぐに避妊薬に逃げる傾向にあります。しかし、この人工的に作られたエストロゲンは短い期間では、生理をスキップさせ痛みを除去しますが、より女性ホルモンのバランスを崩し長期的には、逆に生理痛を複雑化させます。
  • 遺伝子組み換えの大豆をさける ‐ 大豆は一時期健康ブームとなりましたが、特に遺伝子組み換えの大豆のイソフラボンは、エストロゲンを困惑させ、女性ホルモンのバランスを崩します。有機栽培の大豆も取り過ぎには気をつけましょう。
  • 牛乳と不健康な肉を極力避ける ‐ 日本はどれくらいまで汚染されているか把握していませんが、アメリカの畜産業は、牛や家畜に異常な量のエストロゲン注射を行いより多く牛乳を生産させようとしています。そのエストロゲン注射を受けた家畜の乳製品や肉をとると、女性ホルモンのバランスを崩します。アメリカ産の肉やヨーグルトなどにも注意が必要です。
  • エストロゲンが含まれている化粧品を避ける ‐ 日本はどうなのか把握していませんが、肌や髪にハリを出すため、化粧品会社は人工的に作られたエストロゲンを商品に入れています。これも体の女性ホルモンのバランスを崩す原因の一つです。ある量までは商品に記載しなくていいのがここアメリカです。

回復に必要な要素を増やす

  • 健康な脂質やコレステロールをとる ‐ 脂質やコレステロールは女性ホルモンを作る必要不可欠な栄養素です。コレステロールなしに女性ホルモンは作られません
  • 緑黄色野菜やミネラルの多い豆類をとる ‐ これらの食品はホルモンを作り出すミネラルやコファクターを含んでいます。特にストレスなどでたくさんコーチゾル(ストレスホルモン)が必要な人は、より多くのミネラルとビタミンをとり、副腎と甲状腺をサポートする必要があります。その他の腺のサポートが女性ホルモンにも好影響を与えます。
  • 太陽光にあたる&ビタミンDとたくさんとる ‐ Dr. Mercolaのリサーチでは血中のビタミンDの量が生理痛に関係していると紹介しています。
  • DIM (diindolylmethane)を含むアブラナ科野菜をとる。アブラナ科の野菜は、キャベツ、白菜、ケール、ブロッコリーなどの野菜で、このDIMは余分なエストロゲンを取り除き女性ホルモンのバランスを保ちます。
  • エクササイズ ‐ 脳と神経の機能を高め、エンドルフィンなどの痛みを取り除くホルモンの活性化を促します(Dr. Mercola)。
  • 有機栽培された綿で作られたパッドとタンポンを使う ‐ 私の患者さんではありませんが、有機栽培された綿で作られた布を使い始めただけで、生理痛が減ったというリサーチをよく目にします。
  • カイロプラクティックを受ける ‐ 前回も紹介しましが、仙骨の角度は女性生殖器の機能に大きく影響を与えます。しっかりとレントゲンを撮って、詳しく分析してくれるカイロプラクターを訪れましょう。

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

暑くなってきました!日本もアメリカも

暑くなると、発汗、体臭なのが気になる季節。

発汗スプレーや体臭スプレーを使う前に材料をチェックしましょう。

  1. FD&C (防臭、発汗防止のケミカル。発がん物質です。)
  2. パラベン (防臭、発汗防止のケミカル。乳がんのリスクを高めます。)
  3. プロピレングリコール (肌の保湿を保つケミカル。神経毒で、肝臓、腎臓にダメージを与えます。)
  4. タルク (殺菌作用のあるケミカル。肌荒れやアトピーの原因です。)
  5. アルミニウム (発汗防止のケミカル。エストロゲンの生成に影響をあたえ、乳がんと関係しています。)
  6. トリエタノールアミンTEA&ジエタノールアミンDEA (発汗防止と防臭のケミカル。アレルギーの原因、肝臓と腎臓ダメージがあります。)
  7. フタル酸エステル類 (商品の安定剤。糖尿病のリスクに関係しています。)
  8. ブチル化ヒドロキシトルエンBHT (発がん物質、細胞へのダメージ。多動性の原因です。)
  9. フレグランス&香料 (肌荒れ、頭痛、めまいの原因です。)

 

これがマスターリストです。

原材料をみた時に、これらのケミカル似ている名前があるのも要注意です。

 

Be Healthy! Be Happy!

大腸炎やクローン病等の消化器系に使われる、薬のペンタサについて。

一昨日、新患でクローン病の方が来られました。

もう10年以上苦しんでおられて、1日約4回ぐらい下痢がおこるとのこと。

ペンタサは、大腸の炎症を抑えるのみです。回復を促しません。回復は体の内から起こります。

 

まず第1に、なぜ炎症が起こっているのかを発見し

そして第2に、その炎症理由の原因を極力取り除き

そして第3に、炎症でただれた大腸表面の回復を促さないといけません。

  1. 炎症の原因は、グルテンだったり、薬にだったり、予防接種だったり、加工食品のとり過ぎによる体の酸化だったり、大腸の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れていたり、します。自分の臨床では、自律神経の疾患、つまり自分の体が自分の体を攻撃してしまう状態が主なような気がします。
  2. 本当に詳しく原因を分析した人は、血液検査によって色々な食事のアレルギー反応を検査をすると原因が絞れてきます。そして、1-2か月、加工食品、乳製品、小麦製品、砂糖、人工甘味料、医薬品を極力絶ち、自然食品のみで生活するのが単純だと思います。
  3. ただれた大腸の回復を促すためには、生のアロエを食に頻繁に取り入れたり、100%のアロエジュースを飲むと回復スピードがUPします。ある程度炎症やムカつきやとれてきたら、プロバイオティックなどの善玉菌などのサプリや発酵食品を使うとよい菌が大腸の働きと回復を高めてくれます。炎症が取れないままに、プロバイオなどのサプリを使うと逆に炎症を増やしてしまうリスクがあます。
  4. さらに、カイロプラクターに消化器系の神経や自律神経のバランスにサブラクゼーションがないかチェックしてもらうことは必要不可欠です。神経に問題あると、たとえどんな素晴らしい食事療法をしても、効果は半減してしまいます。

以上、単純なようで、自然の摂理の添った消化器系の問題解決法。

Be Healthy! Be Happy!

Mrs. Oshita’s キッチンより

最近「パレオ」とつけると、ブームに乗り過ぎて、なんでも健康的なイメージがありますが、今日は、

「パレオ」クレープ

IMG_1370[1]
材料

クレープの生地

  • 1カップのココナッツミルク(良性の脂質、牛と比べるとアレルギー反応が少ないです)
  • 1カップのタピオカフラワー(インシュリンを上げすぎない、フラワーなので、糖尿病や体重のコントロールにも最高です。)
  • 卵1個(今回は、近くの農家の人から有機の卵を買いました。黄身がぷりぷりでした。たくさんのミネラルとビタミン)
  • 大さじ1のココナッツオイル(良性脂質)
  • 海の塩少々

クレープの生地をミキサーにかけて、薄くフライパンにひいて出来上がり。

IMG_1371[1]

トッピング

  • シナモン少々  (血糖値を下げる効果があります。)
  • カカオパウダー適量   (アンチオキシゲン。細胞生成を促します。)
  • 大さじ3-4のチアシード  (タンパク質たっぷりです。すべての必須アミノ酸を肉のように含んでいます)
  • バナナ&フルーツ
  • ココナッツシュガー 適量 (これまた、普通の砂糖と比べると、インシュリンのスパイクし過ぎない糖分です。)
  • バニラエッセンス少々

チアシードを10分ぐらい少し水につけて、カカオパウダーとバニラエッセンスとココナッツシュガーを加えて、ミキサーにかけ、チョコレートソースの出来上がり。

 

Be Healthy! Be Happy!

DrAkiOshita

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.