You are currently browsing the category archive for the ‘オメガ3’ category.

「ひどく」足や手をぶつけるとアザになるのは普通ですが
アザが治りにくい人がいます
少しぶつけただけでアザになりやすい人がいます

それは体の中の問題
血管壁が弱っている証拠
体の皮膚組織が弱い証拠
です

 

今日は
なぜ簡単にアザになってしまうのか?
なぜアザの治りが遅いのか?
そして
その解決法について紹介します

1. 体内年齢
歳をとるごとに軟組織の脂質が減りますが
私の意見として最も大事なことは
歳ではなく「体内年齢」つまり体がどれだけイキイキしているか?細胞がどれだけ入れ替わっているか?
皮膚にある脂質が体のクッションとなってくれます。下の図を診てもらったらわかる通り、脂肪細胞の中に血管があります。

2.血友病や白血病の患者さん
これらの患者さんは、血液凝血がうまくできないため
簡単にアザになってしまいます。

3.血糖値に問題がある方
血糖値に問題があると、本当のアザではないのですが
皮膚の肌の色が(肌と肌が接する部分は特に)
ダークになりがちです。

4.アスピリンや抗凝固剤をとっている方
脳卒中や心筋梗塞の患者によく処方されるこういった薬。
ただ単に血圧のために処方されるアスピリン。
このような薬は血管壁を弱くし、凝血をしにくくするため
すぐにアザになりやすくなります。

5.日焼け止めを使いすぎている人
色白だとアザが目立つのも確かですが
太陽光を避けると細胞の入れ替わりも
スローダウンします

6.脾臓が弱っている人
脾臓は赤血球の生成に携わっています。
その脾臓が弱ると、出血しやすい皮膚になったり
目の毛細血管が傷付きやすいなったりします。
(GMIノート)

以上
この6つが主な理由です

自然解決法としては
1.良性脂質をとる
脂質は「悪」ではありません。
とくに脂質を避けたダイエットを避け
どんどんアボカドや魚やオリーブオイルや
ココナッツオイルやグラスフェッドビーフを
とりましょう

2.ルテインやヘスペリジンなどのバイオフラボノイドをとる
緑黄色野菜やブドウや赤ワインや
シトラス系のフルーツの皮に存在する
バイオフラボノイド。血管壁を強くしてくれます。
(血管壁を強くしてくれるため、痔などにも
効果的です)

3.ビタミンkをたっぷりとる
ケールなどの緑黄色野菜に含まれるビタミンKは
血液の凝血作用があるため、小さな出血を減らしてくれます

4.ビタミンCとコラーゲンをとる
野菜やフルーツに含まれる「C」
魚の皮やお肉や臓器の肉含まれるコラーゲンは
皮膚の軟組織の生成と再生に必要不可欠です

5.アロエ
アザができたらその上からアロエをぬる。
回復スピードを速めてくれます。

6.発酵食品をとる
体内の良性バクテリアは回復を体の免疫とリンクして
回復のスピードを高めてくれます

7.適度に太陽光にあたる
太陽光によって生成されるビタミンDは
免疫にリンクしているだけではなく
細胞の生成スピードを高めてくれます

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

Reasons Why You Bruise Easily http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2015/05/11/bruising-easily.aspx

20 Unique Apple Cider Vinegar Uses and Benefits http://draxe.com/apple-cider-vinegar-uses/

広告

いつ作ってもビックリです
本当にチーズなしなのか。。。
と思ってしまいます

クリミーで健康!!!

良性脂質たっぷり、ヘルシー甘味料、タンパク質もありあり

IMG_1893[1]

材料(クラスト)
アーモンドフラワー
オプション(砕いたクルミや他のナッツ)
バター
作り方(クラスト)
1.バターをお湯で間接的に溶かす
2.アーモンドフラワーやクルミなどの砕いたナッツにそのバターを加え
3.容器の底に均等になるようにひき
4.冷凍庫で固める

(クラストの作り方の写真を撮り忘れました。ご容赦ください。簡単です)

IMG_1886[1]

材料(フィリング)
3カップの水に3時間つけた生のカシューナッツ
1/2カップのレモン汁
3/4カップの生ハチミツ
3/4カップのココナッツオイル
バニラエッセンス少々
海の塩少々

IMG_1888[1]
作り方(フィリング)
1.生ハチミツとココナッツオイルをお湯で間接的に溶かし
2.すべてのフィリングの材料をミキサーにいれ
3.ブレンドする
4.混ざったフィリングを固まったクラストに流し込む
5.それを再び冷蔵庫にいれある程度固まったら出来上がり

Be Healthy! Be Happy!

Mrs. Oshita’s キッチンより

最近「パレオ」とつけると、ブームに乗り過ぎて、なんでも健康的なイメージがありますが、今日は、

「パレオ」クレープ

IMG_1370[1]
材料

クレープの生地

  • 1カップのココナッツミルク(良性の脂質、牛と比べるとアレルギー反応が少ないです)
  • 1カップのタピオカフラワー(インシュリンを上げすぎない、フラワーなので、糖尿病や体重のコントロールにも最高です。)
  • 卵1個(今回は、近くの農家の人から有機の卵を買いました。黄身がぷりぷりでした。たくさんのミネラルとビタミン)
  • 大さじ1のココナッツオイル(良性脂質)
  • 海の塩少々

クレープの生地をミキサーにかけて、薄くフライパンにひいて出来上がり。

IMG_1371[1]

トッピング

  • シナモン少々  (血糖値を下げる効果があります。)
  • カカオパウダー適量   (アンチオキシゲン。細胞生成を促します。)
  • 大さじ3-4のチアシード  (タンパク質たっぷりです。すべての必須アミノ酸を肉のように含んでいます)
  • バナナ&フルーツ
  • ココナッツシュガー 適量 (これまた、普通の砂糖と比べると、インシュリンのスパイクし過ぎない糖分です。)
  • バニラエッセンス少々

チアシードを10分ぐらい少し水につけて、カカオパウダーとバニラエッセンスとココナッツシュガーを加えて、ミキサーにかけ、チョコレートソースの出来上がり。

 

Be Healthy! Be Happy!

薬やワクチンが答えではないと言うことは、世界に知っていただきたいです!!!

シェアの方よろしくお願い致します。

生姜湯 - 生姜はBacteria(バクテリア) にも Virus(ウィルス)にも効果的です。お湯に皮付きの薄く切った生姜を約15-20分弱火で茹でます。その生姜湯に、生の生姜をすり入れて、はちみつを加えて出来上がりです。最後に生の生姜をすりいれるのがポイントです。茹でてしまうと、よい栄養も壊れがちなので。その茹で汁は、大量に作って、冷蔵庫で4-5日は保存できます。

うがい ― その生姜水でうがいをしたら、のどもすっきりします。イソジンなどは、色々なケミカルが入っています。

ビタミンD3 - ビタミンD3は免疫にもっとも大切な栄養素です。今では、がん患者にビタミンDを注射して入れるということもしています。太陽光に体の半分以上を約10-15分間あてると、必要なビタミンD3は取れるのですが、安全な日焼けサロンに行かないといけません。ビタミンD3のサプリとしては、値段的にみてCarlsonのビタミンDのサプリがお手ごろでよい質です。20,000IUまで普通にとっても大丈夫なので、Overdoseしてください。

I-herb.comなどをご参照ください。

部屋の喚起 - 部屋の喚起は必要不可欠です。特に冬は、喚起の回数が減りますので。

プロバイオティックのサプリ - 特に抗生物質などの薬をとった人に必要不可欠です。抗生物質は、良性の消火器系のバクテリアも殺してしまいます。なので、プロバイオディックのサプリを抗生物質をとった後に、キーワードは「後に」です。でないと、抗生物質の前や同時に取ってしまうと、サプリの良性のバクテリアも殺してしまいます。

砂糖、乳製品、小麦製品を一切控える - これらの食品は、体を酸性に変え、悪い菌やウィルスの住みやすい環境を体に作ってしまいます。さらに砂糖や糖分は体の免疫を下げます。

Green IS BETTER! 緑黄色野菜を取りましょう。体の免疫に必要なビタミンD,E,C群が豊富に含まれています。特に、DとEは良性の脂肪と一緒にとることによって、吸収率がUPします。もし、風邪やインフルのせいで消化が良くない状態の人には、スムージーや野菜を蒸して食べることを勧めます。炒めたりすると栄養素が壊れてしまうので。

良性の脂肪 - 自然からとられる脂肪(アボカド、オリーブ油、グレイプシードオイル、ココナッツオイル)は、男性女性ホルモンの生成は、Fight & Flight(ストレスホルモン) コーチゾルを作るために必要不可欠です。特に、体が菌と戦っているときは、コーチゾルと言うストレスホルモンが必要です。

カイロプラティックケア - Dr. Ron Pero (New York Cancer Institute)のリサーチでは、カイロプラクティックのアジャストによって、免疫がカイロを受けていない人と比べると200%と強いと言うリサーチを打ち出しました。免疫に必要なT-cellやKiller Cellの活動が活気付けられたいうリサーチがあります。

Be Healthy! Be Happy!

なんだかわからないけど疲れやすい。

まだ30-40代なのに体力不足。

そんなことをしばしば耳にする現代社会ですが、

疲れは「歳」が原因ではなく、体が悲鳴をあげている証拠です。

大切なことは、体が悪化する前に体の悲鳴を聞いてあげて、体と向き合ってあげること。

今日はそんな原因不明もしくは、歳を言い訳にしている、疲れの原因について、生理学の面と栄養学の面からアプローチしていきます。

 

まずは、少し生理学から。

甲状腺は頚椎の前に位置していて、Thyroxineというからだの新陳代謝や細胞活動活性化に必要不可欠なホルモンを体に分泌します。このThyroxineが低下すると、疲れだけではなく、肌のカサつき、髪のカサつき、冷え性、肥満、爪のもろさの原因ともなります。

副腎は、腎臓の上に位置して、コルチゾ-ルというストレスホルモンを分泌します。コルチゾールが体の中に増えると、脈の上昇、コレステロールの上昇、血圧の上昇の原因となります。

しかし現代のストレスの多い社会では、このストレスホルモンが使われすぎ、慢性的に副腎が疲れきっている傾向が高いように思います。慢性的な副腎の問題は、朝なかなか起きれなかったり、1日中アクビをしているような状態を引き起こします

甲状腺と副腎は生理学的に深く関係しており、副腎の慢性的な状態は、甲状腺に悪影響を引き起こします。

そんな、疲れの原因と深く関わっている、甲状腺と副腎を労わってやる必要があります。

  1. 豆類種類(レンズマメ、そば、チアシード)をたくさん食べ、多くのミネラルをとる。ミネラルは、Cofactorといわれ、体に必要なホルモンをつくりだす素となります。
  2. 良性脂質(ココナッツオイル、オリーブオイル、グレープシードオイル、アボカド、バーター)をたっぷりとる。多くのホルモンは、コレステロールから生成されます。コレステロールなしに、ホルモンの生成はありえません。さらにこれらの必須脂質酸は、食料からとったミネラルを体にうまく取り込むように手助けをしてくれます。
  3. 海藻類をたっぷりとる。海藻類は、ミネラルはもちろん、甲状腺のホルモン生成に必要な「ヨウ素」をたっぷり含んでいます。
  4. ビタミンB群を多く含む、ほうれん草、ケール、緑黄色野菜をたっぷりとる。ビタミンB群は、コルチゾールを作るうえで必要不可欠です。
  5. アルカリ食品(野菜)を多くとる。目標は70-80%の食品を野菜に。それ以外の20-30%をそのほかの食品に。ホルモン生成は、とてもPHに敏感で、体が酸性になるとうまくホルモン生成ができません。

これらが甲状腺と副腎を労わる食のアドバイスです。

あともっとも忘れてはならないことは、「カイロプラティックケア」。なんで、疲れに「カイロプラティック」と思っている方もいると思いますが、すべての体のバランスは、神経系によってコントロールされています。特に副腎は胸椎10番から12番の神経からエナジーを受け取っています。甲状腺は頚椎の5番から7番からだエナジーを受け取っています。

特に、今の姿勢の崩れる世の中、頚椎の神経は阻害されやすい傾向にあります。

疲れは、体が機能していない証拠。歳が原因ではなく、体をうまく機能してやることが必要不可欠です。

Be Healthy! Be Happy!

今自分自身パッションを燃やして勉強している分野は

「スーパーヘルシーデザート」と「ローフード」

デザートとなると甘くなったり、糖分や炭水化物メインになってしまいがちですが、

これからどんどんヘルシーハッピーなレシピを提供していきたいと思います。

とくにバレンタインも1ヵ月後ですし!

 

砂糖一切なし!

チアシードですべての9つの必須アミノを体に!

シナモンで血糖値ダウンダウン!

カカオはアンチエイジングの源!

材料(4-5人分)

  •  バナナ4つ
  •  4テーブルスプーンのカカオパウダー。
  •  2ティースプーンのシナモン
  •  4ティースプーンのバニラエッセンス
  • チアゲル (500ccの水に50gのチアシード)
  • ミントとレイズン(トッピング)

 

IMG_0395

つくり方

  • チアゲルは、500ccの水に対して50gのチアシード。水に含ませ20-30分おくとゲルの出来上がりです。

 

  • チアゲル、シナモン、バナナ、カカオパウダー、バニラエッセンスをミキサーに入れて、スムーズになるまで回転
  • 大き目のお皿に、入れたら容器を軽くテーブルにトントンとして、なかにある空気を抜きます。
  • 冷蔵庫に少し固まるぐらいまで、冷やしてトッピングのミントやレーズンをのせて完成

IMG_0396

お試しください!Be Healthy! Be Happy!

 

自殺死亡者が3万人を超える日本社会。

現代のストレスが増える世の中。

「こころの病」は増加中です。

まったくもって他人事ではない「こころの病。」

今回のブログでは、「こころの病&うつ病自然療法!Healthy Body! Happy Mind!」

について体の生理学&栄養学に観点をおいて書いていきたいと思います。

(もちろん、多くのうつ病を精神学的または外因的にアプローチすることも必要不可欠ですが、今回はブログは、内因的に(栄養学、神経学、生化学)情報に基づいて紹介します。)

現在のストレスたっぷりの世の中、こころの病は増加中。

「うつ」と言っても軽度な物から重度な物まで様々です。

薬を処方している人、少しダウンに感じている人、カウンセリングを受けている人。

日本の患者数は約1,000,000人と統計がとられています。

ここアメリカでは、20人に1人割合で、230,000,000の薬が毎年使われていて、

$330,000,000,000が製薬会社に入っています。

この抗うつ病の薬はアメリカでは、コレステロールの薬に並んで多く出回っている薬の1つで様々な副作用の問題を抱えています。

まずは、抗うつ病の薬の副作用について。。。

  1. タイプ2糖尿病になる確率を2-3倍高めます。
  2. 特にセロトニンの機能を変える抗うつ病薬は、Tcellにも影響を及ぼし免疫を弱めます
  3. 自殺率を2倍に高めます。アメリカの12件の学校銃乱射事件の内、7件が抗うつ病薬処方者による犯罪です。
  4. 30%脊柱の骨折の率を高めます。
  5. 45%脳卒中の率を高めます。
  6. セロトニンやホルモンを変える薬はニキビの率を高めます。
  7. 抗うつ病薬は依存性が高く、やめるなかなかやめれません。

アメリカのもっとも信頼の置かれているJournal of the American Medical Association (JAMA) は2010年にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)をクリニック的にみてほぼ効果無しと断言しています。しかし、日本では2009年5月以降100,000,000件の処方がされています。

こんな副作用だらけの抗うつ病薬に変わってここでは、「こころの病」自然の力で回復する方法を紹介します。

  1. エクササイズ。すべての人が知っている事実ですが、Dr. James Gordon MD,のリサーチによると、エクササイズによって、セロトニンやエンドルフィンなど心をHappyにしてくれるホルモンをいっぱい出してくれます。特にバーストトレーニングはFeeling Goodホルモンを活性化してくれます。
  2. オメガ3をタップリとる。必須脂肪酸は心のと脳のホルモンバランスになくてはならない栄養素。60%の脳は脂質で作られています。American Journal of Psychiatryでは、2gのEPAを毎日とることによって、うつ病の改善がみられたと発表しています。
  3. 太陽光。安全な日焼けサロンをビタミンDと心の健康のために。ヨーロッパでは、12,000,000人のひとが、太陽光が少なく季節にうつ病のなっています。ビタミンDの不摂生は11倍うつ病の確率を高めます。5000IUを目標にビタミンDをとりましょう。
  4. ビタミンB群。B群は、神経伝達物質になくてはならない栄養素です。B9はうつ病患者に欠乏している栄養素です。B6はトリプトファンをセロトニンに変える大事な栄養素です。
  5. 人工甘味料を避ける。アスパルテームなどの人工甘味料は、神経のシナップスを刺激して、使えなくしてしまいます。
  6. 豆類を多くとる。豆類は、必須脂質酸やビタミンB群を多く含んでいます。豆類はホウ素とたくさんのミネラルを含んでいます。ホウ素とミネラルは、神経の伝達を活性化してくれます。

出来る限り自然な形で心も体もHealthy、Happyに。

Be Healthy! Be Hapy!

参考文献

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

広告