アメリカの記事ですが
日本でも共通点は多々あると思うので
紹介いたします

1.シリアル食品
朝ごはんの始まりはシリアル!!!
と感じる人がいるかもしれませんが
シリアルにはたくさんの
砂糖が コーンシロップが入っています
そして保存料も
アメリカには色々なシリアルの色があり
着色料が入っていることは必至です

untitled

2.フルーツグミ
フルーツと聞くと
健康食品に聞こえますが
本当のフルーツが含まれているグミは
ごくごくわずか
その代りたくさんの糖分と
着色料が入っています
「ビタミンミネラル強化」とか
書かれあるものもありますが
そんな人工的な栄養
消化吸収困難は否めません

untitled

3.フルーツジュース
これまた聞こえはいいですが
100%であっても
たくさんの砂糖が加えられている
事実はかわりません
本当にグレープフルーツやオレンジを
絞って作るジュースはそんなに甘くありません
ソーダと同じくらい体に悪影響といっても
言い過ぎではありません
これまたコーンシロップたっぷりなものもあります

untitled

4.チューチュー
今は言わないのかもしれませんが
私たちが子供のころは
チューチューという
アイスがありました
これまた、着色料、人工甘味料
たっぷりです

untitled

5.クラッカー
クラッカーの素材となる
小麦類は 特アメリカ産の小麦は
遺伝子組み換えのされた穀類
アメリカの小麦は
安く売られているので
日本のクラッカーに入っていても
不思議ではありません
さらにその小麦には
グルテンたっぷりで
食物アレルギーやアトピーや鼻炎など
原因にもなりかねません

imagesVJQG3NOK

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

“5Processed Kid’s Snacks to Avoid at all costs”

http://eatlocalgrown.com/article/13878-processed-kids-snacks-you-should-avoid.html

広告