Dr. Mercolaのリサーチによれば、約75%の女性が生涯に一回は経験する 「カンジダ」

赤ちゃんにもたくさん起こります

11479-1

目に見える症状もあれば

目に見えない症状もたくさんあります

目に見える症状と言えば

赤い発心や、白いイースト菌が、耳鼻咽喉あたりに、消化器系に、生殖器あたりに

増殖し、皮膚や粘膜が白くなってしまいます

ただ単にその部分が白くなってしまうだけではなく、他の健康問題にも関係しています

自律神経の疾患や他のホルモンバランスを崩す原因ともなります

症状例

  • 疲れ、体のだるさ
  • 消化器系の問題、セリアック病
  • 体重が増加
  • 心の不安
  • 頭痛
  • 偏頭痛

体に見える部分もあれば、見えない部分もたくさんあります。

その原因は今のネジ曲がった生活習慣と薬の多用が原因です

原因

  • 抗生物質の多用
  • 糖分のとり過ぎ
  • お酒
  • 加工食品のとり過ぎ
  • ステロイド系の薬やクリームの使い過ぎ

imagesXHTZV402

単純に説明するなら、体に住む バクテリア イースト菌 ウィルス のバランスが崩れいて起こる現象です

なので

自然な改善方法は、その崩れたバランスを、より良い方向に手助けしてあげる。それを達成するためには

  • 発酵食品をとる (体に良い善玉菌を増やし、体のバクテリアのバランスを整えてくれます
  • 緑黄色野菜をとる (体の回復に必要なミネラル、ビタミン、コエンザイムを供給し、体の免疫を強くします
  • チアシードやフラックシードをとる (これらの種系食品は、抗イースト菌があります)
  • 砂糖のすくないクランベリージュースを飲む (イースト菌は、酸性のクランベリージュースを好みません)
  • カイロプラクティックケア (体のバランス、神経のバランス、体をすべてコントロールする力が弱くなると、回復が最高に達しません)

images3I5JR5UP

以上

今の世の中に増えに増える「カンジダ」の対策を紹介いたしました

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

Dr. Mercola のリサーチ

Dr. Axeの文献

広告