You are currently browsing the monthly archive for 8月 2014.

生理痛と聞くと、女性ホルモンをすぐに考えてしまいます。しかし、生理痛の原因は女性ホルモンのバランスが崩れているからだけではありません。

最も大切なことは、体はつながっていて、たくさんの要素が生理痛に関係していることを把握することです。

例えば、副腎のホルモン(コーチゾル=ストレスホルモン)の生成は、女性ホルモンの生成に関係しているため、ストレスが生理痛に物凄く関係してることはうなずけます。

甲状腺の成長ホルモン(T3やT2)も、女性ホルモン生成に関係しています。なので、女性に多く見られる、疲れや髪のカサつきや肌の乾燥もその1つです。

さらに付け加えるなら、膵臓がどのように血中の糖分を処理するか、そして、肝臓の疲れや肝臓の血液洗浄力が衰えることは、さらに女性ホルモンのバランスを崩しかねません。

つまり体を全体で見ることが大切です。

そして生理痛を軽減 もしくは 取り除くための 簡単シンプルな方法を紹介いたします

どんな健康問題もシンプルで

その問題となる

1.原因もしくは危険因子を極力取り除き

2.回復に必要な健康要素を増やすことです

 
 
まず原因もしくは危険因子を取り除く
 
  • 糖分とお酒を極力避ける‐ 糖分は子宮膜の成長を促し過ぎ、子宮膜が生理時に剥がれるときにより重さと痛みを追加します。さらに糖分は体全体の炎症を促し、炎症=痛みの原因 の方手式にさらに拍車をかけます。
  • カフェイン、人工甘味料、炭酸飲料を避ける ‐ これらの物質は、毒素としてより肝臓に負担をかけ、体全体の炎症に拍車をかけます。
  • 避妊薬をさける ‐ アメリカ人の多くは、生理痛が重いとすぐに避妊薬に逃げる傾向にあります。しかし、この人工的に作られたエストロゲンは短い期間では、生理をスキップさせ痛みを除去しますが、より女性ホルモンのバランスを崩し長期的には、逆に生理痛を複雑化させます。
  • 遺伝子組み換えの大豆をさける ‐ 大豆は一時期健康ブームとなりましたが、特に遺伝子組み換えの大豆のイソフラボンは、エストロゲンを困惑させ、女性ホルモンのバランスを崩します。有機栽培の大豆も取り過ぎには気をつけましょう。
  • 牛乳と不健康な肉を極力避ける ‐ 日本はどれくらいまで汚染されているか把握していませんが、アメリカの畜産業は、牛や家畜に異常な量のエストロゲン注射を行いより多く牛乳を生産させようとしています。そのエストロゲン注射を受けた家畜の乳製品や肉をとると、女性ホルモンのバランスを崩します。アメリカ産の肉やヨーグルトなどにも注意が必要です。
  • エストロゲンが含まれている化粧品を避ける ‐ 日本はどうなのか把握していませんが、肌や髪にハリを出すため、化粧品会社は人工的に作られたエストロゲンを商品に入れています。これも体の女性ホルモンのバランスを崩す原因の一つです。ある量までは商品に記載しなくていいのがここアメリカです。

回復に必要な要素を増やす

  • 健康な脂質やコレステロールをとる ‐ 脂質やコレステロールは女性ホルモンを作る必要不可欠な栄養素です。コレステロールなしに女性ホルモンは作られません
  • 緑黄色野菜やミネラルの多い豆類をとる ‐ これらの食品はホルモンを作り出すミネラルやコファクターを含んでいます。特にストレスなどでたくさんコーチゾル(ストレスホルモン)が必要な人は、より多くのミネラルとビタミンをとり、副腎と甲状腺をサポートする必要があります。その他の腺のサポートが女性ホルモンにも好影響を与えます。
  • 太陽光にあたる&ビタミンDとたくさんとる ‐ Dr. Mercolaのリサーチでは血中のビタミンDの量が生理痛に関係していると紹介しています。
  • DIM (diindolylmethane)を含むアブラナ科野菜をとる。アブラナ科の野菜は、キャベツ、白菜、ケール、ブロッコリーなどの野菜で、このDIMは余分なエストロゲンを取り除き女性ホルモンのバランスを保ちます。
  • エクササイズ ‐ 脳と神経の機能を高め、エンドルフィンなどの痛みを取り除くホルモンの活性化を促します(Dr. Mercola)。
  • 有機栽培された綿で作られたパッドとタンポンを使う ‐ 私の患者さんではありませんが、有機栽培された綿で作られた布を使い始めただけで、生理痛が減ったというリサーチをよく目にします。
  • カイロプラクティックを受ける ‐ 前回も紹介しましが、仙骨の角度は女性生殖器の機能に大きく影響を与えます。しっかりとレントゲンを撮って、詳しく分析してくれるカイロプラクターを訪れましょう。

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

広告