世界がドンドン私たちのテクノロジーで狭くなる最近。

飛行でブーンな最近。

出張、出張、な最近。

 

多くの方が苦しまれているこのコンディション。

 

「時差ボケ」

 

体は、リズムが好きです。

体は、バランスが好きです。

 

一昔では、考えられないほど、

世界は狭くなっているのかもしれません。

 

6つの時差ぼけ解消法

  1. 体を動かす。運動する。最初の数日は、なかなかきついですが、太陽が上がっているとき、体を動かす。汗をかく、体を動かすことは、体内時計のリセットを促進してくれます。
  2. 太陽光を浴びる。目は、12個の脳神経のうち、4つの脳神経に直接関連しています。太陽光を受けることで、目を通して直接、体内時計に働きかけます。
  3. 日が上がっている内は、極力外に出る。家や室内にこもりがちだと、昼寝をしてしまったり、寝すぎてしまいます。それを繰り返すことで、なかなか体内時計がリセットされません。無理やりでも、外に出てで、新しい時間帯になれることが必要です。
  4. 旅先でも、自分のやっている毎日の習慣を続ける。なれない場所では難しいことですが、体はいつもの習慣を覚えています。例えば自分の場合は、朝=走る。ジムに行く。スムージーを飲む。昼=16分昼寝をする。夜=シャワーを浴びて、ストレッチをする。これらのことを旅先でもすれば、体は日頃のリズムに素早く戻ります。
  5. 寝るときは、極力真っ暗な状態を作る。コンピューターのモニター、テレビ、目覚ましのピカピカも寝るパターンをリセットする妨げとなります。
  6. 寝る2-3時間前は、極力眼への刺激を抑える。#2にも言えることですが、目はたくさんの脳神経と関係しています。テレビ、携帯などの動画は、目と脳を刺激し、自分では感じていなくても興奮効果を与えます。

 

以上

最高の睡眠のために。

最高の出張のために。

最高の旅行のために。

Be Healthy! Be Happy!

広告