You are currently browsing the monthly archive for 6月 2014.

いかにデザートをハッピー、ヘルシーに作るか?

私のファミリーのチャレンジとなっています。

 

「パレオチョコレートカップケーキ」

 

10455700_10203686835158834_4019731009579599242_n

(私のWifeキッチンより、アボカドとヘンプシードをトッピングしました)

 

全ての粉系は、グルテンフリー(グルテンは食物アレルギーの原因)

全ての甘味料と炭水化物は、GIの低い材料(インシュリンを一気に上げない)

全ての脂質は、良性脂質

カカオは抗炎症機能、抗がん作用

 

材料

  • ココナッツオイル1/2カップ(120グラム)
  • ココナッツシュガーの1/2カップ(80グラム)
  • ココナッツフラワー1/4カップ(30グラム)
  • クズ粉の1/3カップ(45グラム)
  • カカオパウダー1/4カップ(35グラム)
  • ベーキングソーダ小さじ
  • 1 生はちみつ1/4カップ(84グラム)
  • ホットコーヒー1/4カップ
  • 卵4つ
  • バニラエッセンス小さじ1

 

作り方

  1. ココナッツシュガーとココナッツオイルを大きなボールで滑らかになるまでかき混ぜる。約3分
  2. もう1つのボールにココナッツフラワー、くず粉、カカオパウダー、ベイキングソーダを入れて混ぜる、
  3. 卵と生はちみつとカカオパウダーとバニラエッセンスを合わせる
  4. #1と、#2と、#3を少しずつ混ぜていく
  5. カップに入れて、180度のオーブンに約25分いれて
  6. お好みに合わせて、アボカドやフロスティングやヘンプシードをケーキの上にのせる。

Be Healthy! Be Happy!

世界がドンドン私たちのテクノロジーで狭くなる最近。

飛行でブーンな最近。

出張、出張、な最近。

 

多くの方が苦しまれているこのコンディション。

 

「時差ボケ」

 

体は、リズムが好きです。

体は、バランスが好きです。

 

一昔では、考えられないほど、

世界は狭くなっているのかもしれません。

 

6つの時差ぼけ解消法

  1. 体を動かす。運動する。最初の数日は、なかなかきついですが、太陽が上がっているとき、体を動かす。汗をかく、体を動かすことは、体内時計のリセットを促進してくれます。
  2. 太陽光を浴びる。目は、12個の脳神経のうち、4つの脳神経に直接関連しています。太陽光を受けることで、目を通して直接、体内時計に働きかけます。
  3. 日が上がっている内は、極力外に出る。家や室内にこもりがちだと、昼寝をしてしまったり、寝すぎてしまいます。それを繰り返すことで、なかなか体内時計がリセットされません。無理やりでも、外に出てで、新しい時間帯になれることが必要です。
  4. 旅先でも、自分のやっている毎日の習慣を続ける。なれない場所では難しいことですが、体はいつもの習慣を覚えています。例えば自分の場合は、朝=走る。ジムに行く。スムージーを飲む。昼=16分昼寝をする。夜=シャワーを浴びて、ストレッチをする。これらのことを旅先でもすれば、体は日頃のリズムに素早く戻ります。
  5. 寝るときは、極力真っ暗な状態を作る。コンピューターのモニター、テレビ、目覚ましのピカピカも寝るパターンをリセットする妨げとなります。
  6. 寝る2-3時間前は、極力眼への刺激を抑える。#2にも言えることですが、目はたくさんの脳神経と関係しています。テレビ、携帯などの動画は、目と脳を刺激し、自分では感じていなくても興奮効果を与えます。

 

以上

最高の睡眠のために。

最高の出張のために。

最高の旅行のために。

Be Healthy! Be Happy!

暑くなってきました!日本もアメリカも

暑くなると、発汗、体臭なのが気になる季節。

発汗スプレーや体臭スプレーを使う前に材料をチェックしましょう。

  1. FD&C (防臭、発汗防止のケミカル。発がん物質です。)
  2. パラベン (防臭、発汗防止のケミカル。乳がんのリスクを高めます。)
  3. プロピレングリコール (肌の保湿を保つケミカル。神経毒で、肝臓、腎臓にダメージを与えます。)
  4. タルク (殺菌作用のあるケミカル。肌荒れやアトピーの原因です。)
  5. アルミニウム (発汗防止のケミカル。エストロゲンの生成に影響をあたえ、乳がんと関係しています。)
  6. トリエタノールアミンTEA&ジエタノールアミンDEA (発汗防止と防臭のケミカル。アレルギーの原因、肝臓と腎臓ダメージがあります。)
  7. フタル酸エステル類 (商品の安定剤。糖尿病のリスクに関係しています。)
  8. ブチル化ヒドロキシトルエンBHT (発がん物質、細胞へのダメージ。多動性の原因です。)
  9. フレグランス&香料 (肌荒れ、頭痛、めまいの原因です。)

 

これがマスターリストです。

原材料をみた時に、これらのケミカル似ている名前があるのも要注意です。

 

Be Healthy! Be Happy!

DrAkiOshita

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.