椎間板について。

 

あるリサーチでは、30歳以上の60%の人が、椎間板に何らかの問題を抱えていると発表しています。しかし、60%すべての人に痛みがあるかというと、そうでもないのが現実。今日はその真実をわかりやすく解説したいと思います。

 

椎間板の役割

椎間板のおかげで私たちは、体を曲げることができます。

椎間板のおかげで私たちの中枢神経は、十分なスペースが供給され、体のすべての組織とコミュニケーションがうまくとれます。

多くの人が、椎間板はクッションと勘違いしていますが、椎間板に体のクッションの機能はありません。むしろ体のクッションは、脊柱の前湾と後湾によって、起こっています。

 

椎間板の水分と栄養補給。

椎間板は、血液の供給をほぼ受けないため、動くことによって、水分と栄養素などのミネラルをスポンジのごとく吸っています。それを英語では「Imbibition」インビビジョンといいます。

189375_10150269147914742_251602004741_7315857_14366_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎間板の解剖学

椎間板の中心には、「nucleus pulposus」つまり「髄核」があります。髄核は、ボールのような構造で、脊柱がいろんな方向に動く中心となっています。

「髄核」の周りにはたくさんのレイヤーの「annulus fibrosus」つまり「線維輪」があり、髄核を外から守っています。

椎間板の問題の原因

多くの椎間板の原因は、この髄核が何らかのダメージで、線維輪のレイヤーを間を抜けて、外に突出することによって、ヘルニアなどの問題を作り出します。髄核をその逃げだすと、ボールのような組織であった髄核が、ボールのような機能をしなくなり、脊柱全体の動きが鈍ります。

 

椎間板のキーポイント

いかに椎間板の髄核を中心にとどめる。

脊柱を動かすことによって、常に水分と栄養分を補給することです。

椎間板は痛みの神経をほぼゼロと言っていいほど持っていないため、ダメージが起こっても、痛みをすぐには発しません。つまり、痛みにがでて診断を受ける前に、それをケアする必要があります。

 

Be Healthy! Be Happy!

広告