You are currently browsing the monthly archive for 3月 2013.

日本でどれほど広まっているかはわかりませんが、今アメリカでは「スピルリナ」が、徐々にスーパーフードとして人気を集めています。

日本では、海草や藻類を食事としてとることは普通ですが、ここアメリカでは、まだまだ「ワカメを食べること」すら変に感じる人で溢れています。

しかし多くの長寿国の食生活を観察してみると、それらの国の人は海草や藻類を食しています。良い例としては、沖縄です。海ブドウをはじめ多くの海草で沖縄料理はいっぱいです。

今回の「スピルリナ」は主に、アフリカや中南米の塩湖に生息している藻の一種です。その栄養価の高さは世界的に評価されていて、アメリカのNASAも宇宙食として考えているほどです

主な栄養素としては、

  • たんぱく質 (肉類に劣らないクオリティー。多くの必須アミノ酸を含んでいます。)
  • ミネラル (ヨウ素は疲れの原因、甲状腺の問題に。他のミネラルはホルモンバランスを整えることに不可欠です。)
  • ビタミン A、B1、B2、B6、B12、葉酸、C、D、E、K (抗がん作用、アンチエイジング、体のケミカルバランスを整えてくれます。
  • クロロフィル (女性の生理と血液生成に欠かせません。口臭にも効果的)
  • コラーゲン (肌、髪、爪を健康に保ちます。)
  • ベータカロチン、リノール酸、他のアンチエイジング栄養素 (細胞再生にこれらの栄養素は欠かせません。)
  • 食物繊維 (腸内の健康に必須。)

サプリのクオリティーはとても大切です。オーガニックを選びましょう

健康効果としては

  • 放射性物質の排泄効果 (体内のセシウムや放射性物質の排泄効果を高めます。現にロシアのチェルノブイリの放射線被害を受けた子供の尿検査では20日で50%体のなかにある放射線物質を減らしたというリサーチがあります。)
  • AIDSや免疫疾患病や免疫を高めるために効果的 (同じチェルノブイリの子供の白血球の量が20日で1000から3000に増えたとしています。)
  • 免疫疾患病に効果的 (クローン病、慢性疲労症候群、ルーペス、ハシモト病、リウマチ)
  • 高血圧と高コレステロールに効果的 (Department of Biochemistry in Mexicoのリサーチでは、4.5グラムのスピルリナで18-65歳の血圧を効果的に整えたと結果がだしました。)
  • 脳卒中のリスクを減少 (Institute of Pharmaceutical Technology in Indiaのリサーチで、スピルリナの投与を受けたねずみの脳卒中は、コントロールグループと比べて脳卒中の確率を下げたとしています。)
  • 抗がん作用 (中国のリサーチでは、スピルリナとセレニアムは、乳癌の癌細胞(MCF-7)を抑制したと研究結果を出しました。)

と、多くの最高健康効果を持っています。多くのスピルリナは粉のサプリとして売られています。なので、グリーンスムージーなどに最高です。

ジムなどでスーパーグリースムージーを飲んでいるとキモチわられますが、最高の栄養コンビです。

免疫疾患などの病気の方は、1日10グラムー20グラム。

健康な人は、1日3グラムで体の健康を最高にメインテしてください。

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

DrAkiOshita

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.