最近不思議なことに、自分の周りで多くの人が、新しい命の誕生に喜んでいます。 赤ちゃんの誕生はとても喜ばしいこと。 すべての両親がその赤ちゃんのHappyHealthyを願うのは当然。 今日のブログは、そんなHappyとHealthyをさらにUPUPさせる「母乳」について書いていきます。 自分の患者さんをはじめ、ここアメリカでは「母乳で育てる」という傾向が減ってきています。 「最近は良い粉ミルクがあるから。。。」「働いているとなかなか。。。」「母乳がでぬくいから。。。」など理由は様々です。 男の自分が声を高々にして言うのもなんですが、 「母乳」が赤ちゃんの最高健康食品! 自然に勝るものはありません。 「最近は良い粉ミルクがあるから。。。」Dr. Mercolaのリサーチよれば、母乳は400種類の栄養素を含み、人間がどんなに知識を振り絞っても、その自然の力に勝ることはできません。 「働いているとなかなか。。。」これは現代の経済&社会状況と関連していますが、「幸せなお産が日本を変える」の著者、吉村正先生も強くうったえていますが、新生児と両親のBonding(心と体のコミュニケーション)を考えると必要不可欠です。 「母乳がでぬくいから。。。」アメリカの母乳支援団体 Le Leche Leagueは、「母乳もトレーニング。母親が自然で健康な食事をとっていくと、徐々に母乳の量も増えていく」としています。 母乳がなぜそこまで大切なのか!?母親と新生児にとって両方にプラスです。

  • 母乳をした母親の乳癌発ガン率は、母乳しなかった母親と比べて、格段に低いです。母乳をすることによって、母親の女性ホルモンをととのえてくれます。https://drakioshita.wordpress.com/2012/10/09/%e4%b9%b3%e7%99%8c%e4%ba%88%e9%98%b2%ef%bc%99%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%81/
  • 母乳をした母親は、出産前の体重により早く健康的に戻ります。母乳を作ると言うことは、カロリーとエナジーをたくさん消費し、出産前の体重に効果的に戻ります。
  • 母乳を育てられた新生児のIQは3-5ポイント高いというリサーチがでています。Dr. James W. Anderson, professor of medicine and clinical nutrition at the University of Kentuckyによると、母乳の60%良性脂質。神経系の発達に必要なDHAとアラキドン酸を多く含んでいます。
  • 母乳で育てられた赤ちゃんの肥満になる確率が低くなります。母乳は脂質とたんぱく質を主に含みます。多くの粉ミルクは、炭水化物を多く含みます。新生児の舌も生まれた瞬間からトレニーングしなければなりません。多くの糖分を生まれたときからとっていると、肥満そして糖尿病の原因となります。
  • 中耳炎、気管支炎、湿疹、ぜんそく、アレルギーの確率を下げます。これらの病気の主な理由は体全体がとても炎症に敏感になっているということです。特に、生まれてまもなく、体の免疫システムが育っていないなかで、多くの粉ミルクなどの人工的につくられた食品は、体の免疫を混乱させます。
  • 母乳は乳児の消化器系に良性のバクテリアを提供して、下痢と壊死性腸炎の確率を下げます。Dr. Natasha Campbell-McBrideのリサーチによると、良いバクテリアは、体の免疫を促進して乳児の体を守ってくれます。
  • 母乳は自閉症の確率を下げます。これまた、Dr. Natasha Campbell-McBrideのリサーチ。日本では100人1人の子供が、アメリカでは80人1人が自閉症を診断されています。自閉症と家族との戦いは、今の社会問題となっています。
  • 乳幼児突然死症候群の確率下げます。Dr. Vennemannのリサーチです。

これらが母乳のHappyとHealthyの理由です。多くの赤ちゃんとお母さん、そしてその家族がより自然な形で健康になることを願って!Be Healthy! Be Happy! 参考文献

広告