世間では、(とくにここアメリカでは)ワクチンや予防接種の広告が季節を関係なしに、どこにでも目立つ時代となりました。

赤ちゃんの予防接種を含めて、果たして予防接種やワクチンは安全なのか!?本当に必要なのか!?

正しい知識のもとに、自分の大切な子供と家族の健康判断が不可欠です。

すべての人に予防接種を受けるか受けないか選択権があります。

ただ単に小児科医が進めるからじゃなくて、じぶんと家族の大切な健康は自分たちで守らなければなりません。

アメリカの政府機関CDCでは、

6歳までには、48回14種類の予防接種(ワクチン)が子供に予定されています。

18歳までには、69回16種類の予防接種(ワクチン)が子供に予定されています。

果たして、人間の体とはそこまで医学なしには欠陥品なのか??????

カイロプラクターと働く中で、自分のクリニックでも多くの体の素晴らしいケースに出会います。

嗅覚を失ったJoeさん20代。嗅覚が回復する。

喘息もちのVeronicaさんの40代。朝の喘息が治まる。

これらの回復は決して、薬や手術から起こったことではなく、体が本来持つ自分の自然治癒力を発揮したから。

カイロプラクティックの大切な哲学の中にこんな言葉があります。

「人間の体は、常に健康になるようにプログラムされています。人間はただ単に、健康を阻害する物や環境を極力なくすことで、常に健康になります。」

  • インフルエンザで熱がでるのは、体の免疫システムが戦っているから。熱がでるのは、予防接種を打ち忘れたからではありません。
  • タバコをやめた瞬間から、肺の細胞は再生し始めます。
  • 神経の圧迫をカイロプラクティックによって取り除いた瞬間から、その神経に携わるすべての細胞や器官が健康になろうとします。

何歳であろうが、

どんな病気をもっていようが、

どんな環境にいようが、

体はシンプルです。

常に健康になろうとしています。

体に過剰に人間が生み出した物質を投与すると異常が起こるのは当然です。

こちらが、ワクチンを受けた子供と受けていない子供の症例比較。

アレルギー。予防接種を受けた子供=40%の有病率。予防接種を受けていない子供=10%未満の有病率。

喘息。予防接種を受けた子供=6%の有病率。予防接種を受けていない子供=2.5%の有病率。

花粉症。予防接種を受けた子供=10.7%の有病率。予防接種を受けていない子供=2.5%の有病率。

自己免疫疾患。予防接種を受けた子供=13%の有病率。予防接種を受けていない子供=7%の有病率。

中耳炎。予防接種を受けた子供=11%の有病率。予防接種を受けていない子供=0.5%未満の有病率。

副鼻腔炎。予防接種を受けた子供=32%の有病率。予防接種を受けていない子供=1%未満の有病率。

自閉症。予防接種を受けた子供=100人に1人。予防接種を受けていない子供=7800人に4人

untitled

自分たちで、大切な子供を、もっとも健康なかたちで育てる。それには、予防接種だけではなく、健康に対する意識と知識が必要です。

このブログのシェアをお願いします。ひとりでも、多くの子供が最高に、めっちゃ、健康に!!!Be Healthy! Be Happy!

参考文献

広告