ちょっと前まで、タイカレーはレストランで食べるもの!

と思っていましたが、トライしてみると結構簡単。

今晩の日曜の夕ごはんは、

「20分でできちゃうタイカレー」

「カレーは煮込む物。」正しい発言ですが、煮込まなくてもタイカレーは美味しいんです!

材料はこちらから↓

  • ココナッツオイル、大さじ2(ココナッツは良性脂質なので、たっぷり使ってもコレステロールに影響せず健康)
  • 玉ねぎ、2個、こま切り(玉ねぎは、サルファーフードと言って、肝臓のグルタサイオンと言うアンチエイジング、ディトックス活性化させる効果あり)
  • 生姜、1カケ、細切り(生姜は抗炎症作用たっぷり。関節の痛み、生活習慣病の予防に最高)
  • ガーリック、1カケ、みじん切り(ガーリックもサルファーフードで肝臓のディトックスに)
  • トマト、3個、大きめにカット(ライコピン、ビタミンEは言うまでもなく、アンチエイジング!)
  • 茄子、2こ、乱切り(ビタミン、ミネラル豊富な野菜です)
  • ターメリック、大さじ2-3ぐらい(これまた、抗炎症効果と関節の痛み軽減に大活躍)
  • 海のしお、湖沼(海の塩は、高血圧を引き起こしません。良い湖沼は、血糖値を下げてくれます)
  • マッシュルーム(ビタミンDが特に豊富で、カルシウムの吸収、免疫向上に好影響)
  • バジル、10葉ぐらい(香りたっぷり、夏でものいけるカレーの要素はこの香りから)
  • ココナッツミルク、1缶もしくは2-3カップ(良性脂質たっぷり、神経系の健康、細胞膜の健康必須要素です)
  • 赤唐辛子またはカイヤンペッパー、適量(新陳代謝の向上。抗炎症効果。)
  • ひき肉、300-500グラム(もちろんたんぱく質の宝庫)

作り方

  1. ココナッツオイルで、生姜、ガーリック、玉ねぎ、トマト、ひき肉、赤唐辛子を炒める
  2. 玉ねぎに火が通ったら、茄子とマッシュルーム加え、塩、湖沼、ターメリックで味を整え
  3. 茄子がしんなりしたら、ココナッツミルク投入
  4. 2-3分煮立てて、バジルを最後に追加で香りup!

簡単、20分、本格タイカレーの完成。

お試しあれ!Be Healthy! Be Happy!

広告