正しい姿勢は、健康のバロメーター!!!

姿勢は、人間の健康をはかってくれる尺度と言っても過言ではありません。

今の世の中、8時間のデスクワークなど、長時間座っての仕事はあたりまえ。

人間の体は、座り続けるようにデザインされていません。

人間の体は、動くようにデザインされています。

しかしながら、仕事は仕事。時に、選択余地がないことが現状です。

今日はそんな姿勢を整えてくれる簡単、どこでも、15分エクササイズを紹介したいと思います。

1.ウォールエクステンション エクササイズ

壁と体の距離は約腕の長さ。足を肩幅よりやや広く開き、背骨を前方にエクステンション。胸を約45度ななめうえに張ることでより、首から肩のストレッチができます。エンドポジションで1呼吸おいて、スターとポジションに戻り、このストレッチを3-4回繰り返します。それを仕事などの合間を見計らって、1日3-4回する。年をとるにつれて、背骨が前に曲がってきてしまいがちなのは常です。このストレッチは、今診さしてもらっているすべての患者さんに行わせています。シンプルBUTゴールドスタンダード。

  (スタートポジション)          (エンドポジション)

     

2.フロントブリッジ

おじいちゃんからオリンピック選手に効果的なこのエクササイズ。Dr. Stuart McGillのメインコアエクササイズの1つです。あごを引き、背骨をまっすぐに保つ。腰にしっかりと前湾曲があることを確認。おなかを硬く保ち、呼吸は自然にする。ビギナーの人は、壁でフロントブリッジを行ないます。中級の人は膝からスタート。上級の人は足からスタート。常におなかを硬く保ち、ポジションを崩さず、30秒から2分ポーズを保ちます。2分以上、上級ポーズを震えることなくたもてたら、あなたもオリンピック選手級。

  (中級フロントブリッジ)       (上級フロントブリッジ)

     

3.サイドブリッジ

腹筋には3層あって、その横のコアを特に鍛えるエクササイズです。人間の腰は、前曲、回旋をする様に関節自体がつくられていません。なのでこのようなエクササイズをすることで、腰を守ることが必要不可欠です。フロントブリッジと同じように、初級のサイドブリッジは、壁で行ないます。中級は膝で。上級は足で。キーポイントは、あごを引き、背骨はまっすぐで、腰に前湾曲あることを確認。肘が肩の真下にあるかどうかを確認するのも大切です。このエクササイズも、30秒から2分、このポジションを腹筋を常に硬く保っておこないます。

      (中級サイドブリッジ)        (上級サイドブリッジ)

     

4.デッドバグ(直訳:死にそうなハエ)

あごを引き、腰に前湾があるかを確認。腕を天井に向かってまっすぐに。膝と股関節は90度に曲げる。コアを常に硬く保ち、呼吸を止めることなくエクササイズします。ビギナーの人はこの状態を、30秒から2分保ちます。アドバンスト人は、足と反対の手を外に向かって、コアを緩めることなく、ゆっくりとコントロールしながら伸ばします。

   (ビギナー)              (アドバンス)

    

5、ショルダーリトラクション

リトラクション=つまり左右の肩甲骨を背骨に向かって引き寄せます。いまの世の中、長時間のデスクワークのため、肩が前にいきがちで、子供でも、背骨が前曲しがちです。それを解消するエクササイズがこれ。チューブやバンドをドアノブに引っ掛けてできるのがこのエクササイズです。20回、左右の肩甲骨を背骨に向かって引き締めます。それと同時に、胸を張ります。

  (スタートポジション)        (エンドポジション)

    

これらのエクササイズは、毎日しても問題のないエクササイズです。特に、ウォールエクステンションエクササイズは、自分自身日常的何回もやっている1つです。姿勢は健康を映す鏡。何歳になっても、正しい姿勢を保ち、健康で、かっこよく、もしくは美しくいたいものです。

Be Healthy! Be Happy!

広告