今回のブログでは、実際にどうやってバーストトレーニングをするか、YouTubeなどの画像を参照に紹介していきます。

何歳になっても、男らしくかっこよく、女性らしく美しくを保つために、

成長ホルモン必要不可欠で、バーストトレーニングはその成長ホルモンを極限まで高めてくれます。

年齢と成長ホルモン低下を示すグラフ↓ 体を賢く刺激することにより、低下を軽減もしくはストップします。

前回のブログでも、お伝えしたとおり、

バーストトレーニングは、ただ単に筋肉やスタミナを向上させるだけではなく、

生理学的に体全体に影響を及ぼすホルモンの分泌をもっとも高めてくれる運動法だと紹介しました。

参照までに↓

https://drakioshita.wordpress.com/2012/02/09/%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%8120%e5%88%86%e3%81%a7%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%e4%bd%93%e3%81%ae%e7%a5%9e%e7%a7%98%e3%80%82/

まず、運動を開始する前に、心臓に問題がある人や関節に問題がある人は

カイロプラクターやアスレチックトレーナーやメディカルドクターの問診を受けることをお勧めします。

関節に問題があっても、プールの中でもバーストトレーニングは大いに効果を発揮するので

運動環境を変えるだけで、いろいろな状況に対応可能です。

では早速、運動方法を紹介!

3-5分 ウォームアップ 

ウォーキング、ジョギングなど)

30秒 バーストトレーニング

(自分の85%-90%の運動量でエクササイズをします。ほぼ無酸素運動

1分-1分半 アクティブリカバリー

(アクティブリカバリーとは、完全に休むのではなく、何かしらのエクササイズをゆっくりすること。)

(もしくは、完全に休憩するのではなく体を動かしておいて次のエクササイズの準備をする)

この30秒のバーストトレーニングと1-1分半のアクティブリカバリーを7回から10回繰り返す

30秒のバーストトレーニングの時に色々なエクササイズを取り入れるとよりFUN! FUN! FUN!です。

自分のやっている下半身のバーストトレーニングを例に紹介します。

  1. 5分 ゆっくりのジョギング
  2. 30秒 縄跳び(二重飛び)
  3. 1分 縄跳び(ゆっくり)
  4. 30秒 クロスカントリースキー ジャンプランジ
  5. 1分 サイドランジ、フロントランジ(ゆっくり)
  6. 30秒 サイドスッテップけんけん (約20-30メートル)
  7. 1分 バランスボードの上で足首のトレーニング (ゆっくり)
  8. 30秒 ジャンピング相撲スクワット
  9. 1分 ケトルベル スクワット (ゆっくり)

ここから、最初の縄跳びに戻りもう1セットします。

ランニングマシーンやバイクマシーンのエクササイズこんな感じです。

    1. 5分 ウォームアップ
    2. 30秒 90%の自分の可能な運動量で出来る限り 走る、バイクをこぐ
    3. 1分 ゆっくりジョギング もしくは ゆっくりバイク

その後30秒のバーストトレーニング1分間のアクティブリカバリーを7-10セット繰り返す。

関節に問題のある人のバーストトレーニングはプールの中で。

  1. 5 分 プール内でウォーキングもしくはランニング
  2. 30秒 ジャンピングジャック
  3. 1分 ゆっくりウォーキングもしくはランニング
  4. 30秒 クロスカントリースキー ジャンプランジ
  5. 1分 ゆっくりウォーキングもしくはランニング
  6. 30秒 カエルスクワット
  7. 1分 ゆっくりウォーキングもしくはランニング

このセットを3回から4回繰り返す。

今回は3つの例をだして、バーストトレーニングを紹介しましたが、自分自身色々なエクササイズを取り入れて、自分のバーストトレーニングをプログラムを作るのも楽しみの一つです。

バーストトレーニングでホルモンを刺激して、より体を若く健康的に!Be Healthy! Be Happy!

参照までにビデオを添付します。ビデオによっては、バーストトレーニングの長さ、アクティブリカバリーの長さに幅があります。

自分の運動量に応じて、長さを変えてみるのも効果的だと思います。

Dr. Axeのバーストトレーンング

色々なエクササイズのアイディアをくれるビデオ

Dr. Mercolaのバイクとエレプティカルのバーストトレーニング

広告