典型的な30-60分の有酸素運動が健康によいとされている世の中。

今このエクササイズの基本が崩されようとされています。

Dr. AxeとDr. Mercolaの記事によると、長時間の有酸素運度は、生理学的に成長ホルモンを抑制し、体に悪影響であるとしています。

2012年2月6日にPreveaというウィスコンシン州グリーンベイにあるクリニックで受けた心臓の健康研修で、Paul Pienkos, MD, Interventional Cardiologist、マラソンなどの 超過の有酸素運動をする人は、より心臓病を持ちやすいとしていました。

もちろん適度な有酸素運動は健康に素晴らしい影響がありますが、

体の健康をより高めるために、効果的かつ20分という短時間の運動法がここアメリカで話題を集めています。

それは

バーストトレーニング。

バーストトレーニングの利点は

  • この忙しい世の中、たった20分!
  • 特に、マシーンなどの施設や装備が要らないためどこでもエクササイズ可能!
  • 多くのエクササイズは自分の体重で十分!
  • そして、Fun! Fun!  Fun!

バーストレーニングの健康に対する好影響は

  • 多くの成長ホルモン、男性/女性ホルモン、アドレナリンを刺激。(Dr. Axeの記事より)
  • ホルモンの刺激により、典型的な有酸素運動より、より長くエクササイズの効果が継続。(Dr. Mercolaの記事より)
  • 20分のエクササイズで、多くの長時間の有酸素運動と同じもしくはより高い、生理学的効果 (Journal of Physiology)
  • より多くの脂肪を消費(Al Sears, MD PACE® programより)
  • 糖尿病患者に多い、インシュリンの問題の正常化(Al Sears, MD PACE® programより) 
  • 心臓病のリスク減少(ハーバード大学の7000人を対象とした研究より)

例をだしていくと切りがありません。

バーストトレーニングとは、イーターバルトレーニングに似ていますが

バーストトレーニングはより短時間でより運動量を必要とします。

次回のブログでは、バーストレーニングの実際の仕方。ビデオクリップなどを添付してより詳しいエクササイズの内容をお届けしようと思います。乞うご期待!

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

広告