前回のブログで、コレステロールは体になくてはならない栄養素と紹介しました。

参照までに↓

https://drakioshita.wordpress.com/2011/12/13/%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%ef%bc%9d%e3%80%80%e6%82%aa%e5%bd%b9%ef%bc%9f%ef%bc%9f%ef%bc%9f/

今日のブログでは、特に焦点がおかれてりるコレステロールと心筋梗塞&脳梗塞の関係について書きます。

心筋梗塞&脳梗塞の主な原因として

  1. 血管が徐々に狭まって、心臓もしくは脳に血液が届かず病気を引き起こすケース。
  2. 栓子などの血液中で発生した塊が血管を塞ぎ、心臓もしくは脳に血液が届かないケース

両方の場合で、コレステロールは「直接」の原因になっていません。

本当の悪役は 体の炎症!!!

現代の食生活は

  • 加工食品にあふれ
  • 人口甘味料が多く使われ
  • 新鮮な野菜や果物が減り
  • ファーストフードが満ちあふれ
  • コーヒー、ソーダ、エナジードリンクー、お酒などの刺激物を多くとり
  • 薬のとり過ぎ

体全体が炎症。

血管自体に炎症が起こると、血管は傷つきやすく、もろくなります。

ダメージを受けた血管はその部分を補強するために「コレステロール」を使います。つまり、コレステロールは血管を守るための補強に使われているのです。体全体の炎症を減らさないかぎり、血管は引き続き傷つき、コレステロールを使って補強し続け血管を塞ぎます。方程式はこちらから

体全体の炎症

血管のダメージ

コレステロールの血管補強

コレステロールの蓄積

心筋梗塞または脳梗塞

もっとも大事なことは、コレステロールを薬によって減らすことではなく、根本的な原因である体の炎症を減らすこと。体の炎症が減ると体はコレステロールを正しく健康的な目的で使い始め、体をより健康にスリムにしてくれます。

次回のブログでは、体の炎症を減らすダイエット方について書きます。

Be Healthy! Be Happy!

参考文献

http://www.deflame.com/

http://www.deflame.com/Portals/0/1Diet_inflammation2002.pdf

http://www.draxe.com/video/advanced-tips-for-reversing-heart-disease-episode-018/

広告