手術後、約4週間が経過しました。

ただいま、リハビリ中。なかなか、叫んでいます。

最近は、受動的ストレッチを、うちのクリニックで働いている理学療法士にしてもらってます。

男Akishi Oshita、常に涙目。

素晴らしいことは、人間の体は使わないと、すぐに弱くなり、硬くなってしまいます。

そう考えると、この涙も、今後の患者さんを診るために役立つ経験です。

早くまた患者さんを診始めたいのが本音。

昨日、自分で自分のレントゲンをとって分析。複雑骨折した部分の鎖骨の骨が引っ付きかけてるの診えましたが、まだまだ油断は禁物です。

今日は、特に骨折に必要な栄養素について書きます。

まずは、骨折、骨粗鬆症などの骨の回復には、みんな、カルシウムとビタミンDと考えます。もちろん、その2つの栄養素は大事なのですが、ビタミンKが隠れたヒーロー。

ビタミンK特にK2はカルシウムとビタミンDを骨に導いてくれるます。いわば、ガイド役です。Kなくして、骨の健康は達成できません。

ビタミンKを多く含む野菜。それはケール。

日本でどれほど出回っているかわかりませんが、ケールはビタミンKがずば抜けて多い野菜です。

そのほかに、ビタミンK2の生成を活性化してくれるものは、プロバイオティックなどの体の消化機器に住む善玉菌(良性バクテリア)。過去のブログを参照↓

https://drakioshita.wordpress.com/2011/12/01/%e6%8a%97%e7%94%9f%e7%89%a9%e8%b3%aa%e3%81%af%e8%82%a5%e6%ba%80%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%ef%bc%81%ef%bc%9f%ef%bc%83%ef%bc%92/

消化器官の善玉菌なくして、骨の健康は達成できません。

多くの免疫の弱い老人が抗生物質をとっていますが、抗生物質は善玉菌を殺し、ビタミンKの生成を抑制し、骨粗鬆症に拍車をかけます。

なので、免疫力を高めるために、

Good なダイエット

Burst Training などの体をチャレンジするエクササイズ

そしてもちろんカイロプラクティックを。

骨健康、体健康レシピはこちらから↓

https://drakioshita.wordpress.com/2011/10/13/%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%e3%80%80%ef%bc%88super-green-smoothie/

Be Healthy! Be Happy!

広告