手術から約3週間が経ちました。

痛みも徐々にひいてきて、よりアドバンスなリハビリを始めました。

 

これまで述べたことおさらいすると、ここまでこんな感じです。

1週目。ひたすらアイシングとサランラップ。

2週目。動かせる部分のリハビリ開始。バイクトレーニング。怪我をしていない右側のトレーニング。

3週目。今週はアイソメトリックトレーニングと受動的ストレッチ。

特に関節の骨折、断裂の場合は、いかにその関節付近を動かさずに、筋肉の衰え、腱や筋肉の柔軟性を保つかが重要なキーです。

自分のケースでは、2週目あたりから、目に見えてるほど、上腕の筋肉の衰えが始まりました。

改めて思うことは、人間動かないと、弱くなる一方。

しかし、患部の悪化させてはいけません。この辺が難しいタイミング。

そのタイミングはDr.に聞いたほうがいいですが、自分の場合は自己診断。

 

アイソメトリック運動は関節を動かさずに、筋肉を鍛える方法。これで少しでも筋肉の衰えを防いでいる今日この頃です。

参照までに→ http://everyman.client.jp/isometrics.html

 

受動ストレッチ。3週間経ったいま、使わなかった腱や筋肉カチコチでした。自分で動かさずに、クリニックで働く理学療法士に徐々に動かしてもらい始めた今週1週間。なかなか、タフでした。。。

参照までに→ http://www.i-medical-i.com/pcts_feature/pcts02_2.html

と言うわけで、今まで健康健康で生きていた人間が味わう、なかなか過酷な患者生活。

今は、辛抱です。そして、患者さんの気持ちを学ぶのも、良い勉強の一つです。

 

Be Healthy!Be Happy!

広告