サランラップ + アイス = スーパーリハビリ!?

手術後約2週間が経過。痛みも腫れもだいぶと減ってきました。

じっとしてられない人間なので、仕事とリハビリを開始しました。

このWalking on the Valleyでは家庭の医学ならぬ、どうやって早く効果的に

急性の痛みや手術から回復するかについて書きます。

ゴールドスタンダードはもちろん「アイシング」+「サランラップ」です。

アイスするとき、大事なことは20分以上続けてしないということ。

20分以上すると、体は賢く逆にその部分を内から暖め始めます。

なので鉄則は

  • 20分アイシング
  • 40分休ます

これを3-4回ひたすら繰り返す。

もしサランラップがあればアイスとタオルを患部にひいて、サランラップで巻きまくって、

圧迫を加えるとさらに効果大。

サランラップはどんなとこでも大活躍。

アイシングはとにかくほぼどんなケースでも効果的。

手足のしびれには、アイシングを首や腰に。なぜなら、炎症によって神経が刺激されているから。

慢性の肩こりにも、暖めるよりカイロプラクッティクのケアとアイスがゴールドスタンダード。

慢性と聞くとすぐ暖めることを考えますが。暖めると筋肉がリラックスして気持ちいいですがカイロプラクティックのアジャストで肩こりの原因を取り除き、ひたすらアイスが最も効果的。

痛み=炎症。炎症は慢性的な炎症であれ急性的な炎症であれ、炎症は炎症。

炎症を抑えるためにはアイシング。

80-90%の病気の原因は炎症。

例えば糖尿病の患者は体全体が炎症でインシュリンが誤作動。

心臓病などのコレステロールが血管中に蓄積する原因も血管の炎症が原因。

蛇足になりましたが、アイスとサランラップを大活躍させていきましょう。

Be Healthy Be Happy!!!

広告