You are currently browsing the monthly archive for 10月 2011.

前回のブログで脂質が体にとっても大切な役割をして、ダイエット効果があることについて書きました。 参照までに https://drakioshita.wordpress.com/2011/10/15/%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e4%b8%ad%e3%81%ab%e6%ac%a0%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0%e3%80%80%e3%80%8c%e8%84%82%e8%b3%aa%e3%80%8d%e3%80%80/ 今回のブログではその脂質、特にクッキングに使う脂質もしくはオイルをどのようにうまく使うかについて書きたいと思います。 まずまず、コーン、大豆、ベニバナと菜種などの植物油は一切避けましょう!!!これらのオイルは悪性の脂質でトランス脂肪酸を含んで、乳がんや心臓病の原因となります。NO!NO!NO!で。 たとえ良性脂質を使うとしても、これらの油はとても温度に敏感です。もし温度が高すぎると良性脂質が悪性脂質に変わってしまいます。 今働いているクリニックでは温度別で簡単に4種類に分けて、患者さんに教えています。

  • Low Heat Oil (低温オイル) このオイルは極力熱を使わないで使うことをお勧めします。フィッシュオイル(DHA, EPA)&オリーブオイル。オリーブオイルはイタリアンでよく使いがちですが、極力熱は避けサラダに使うことをお勧めです。

  • Medium Low Heat Oil(中低温オイル) このオイルは低熱でクッキングすることをお勧めします。バターが中低温オイル。バターと聞くと心臓病、高血圧、高コレステロールを想像しがちですか、有機食品のバターにはリノール酸という、抗がん作用のある物質のほか、たくさんのミネラル、ビタミンをとることができます。卵などと一緒に、低温でクッキングを。

  • Medium High Heat Oil(中高温オイル) どんどん熱を使いたい方は、ココナッツオイルをお勧め。ココナッツオイルはダイエットに非常に効果のある脂質です。たしか、パプアニューギニアで農家の人が家畜を太らそうとココナッツオイルを餌にまぜて多く上げたところ、逆にやせほっそってしまったいう過去もあるほど。

Cracking the Coconut Oil Myth

  • High Heat Oil 特に揚げ物や、高い温度で料理するときは、アボカドオイルやグレープシードオイルがお勧めです。特に熱に強く脂くさくならず栄養素も崩れません。

参考文献 Dr. Mercolaウェブサイト

簡単ヘルシーズッキニースープをお届け。

材料

  1. たまねぎ1つ
  2. にんにく1かけ
  3. しょうが適量
  4. ココナッツオイル・Grape Seed(グレイプシード オイル)小さじ3
  5. ズッキーニ2つ
  6. バジル少々(オプション)
  7. ローズマリー少々(オプション)
  8. ターメリック少々(オプション)
  9. 海の塩適量
  10. ココナッツミルク・アーモンドミルク1-2カップ

ココナッツオイル・Grape Seed オイルをフライパンにひき、にんにく、すりしょうが、小さく切ったたまねぎを透き通るまでいためる。火が通ったところで、細くきったズッキーニを追加。ズッキーニに火が通るまでいためます。 火が通ったところで、細かく切った、バジルとローズマリーと塩を追加。香り最高。

火を止め、いためた野菜をミキサーに。1-2カップのココナッツミルクもしくはアーモンドミルクを追加。ミキサーで滑らかになるまでブレンドしたら、完成。滑らかさを見て、ココナッツミルクの量は調整。

ズッキーニ代わりに、カボチャ、スクワッシュなどなどもあり。スパイシーなスープが好きな人は、ターメリックをいためる際に追加。

良性の脂質たっぷりのヘルシーかつ3分クッキングサラダです。

前回のブログで良性脂質は体の健康にとってなくてはならないという話をしました。

(仕事の昼休みに3分で作ったもの)

スモークサーモン&アボカドサラダの材料

  • 適量のサーモン
  • 1個のアボカド
  • プチトマト
  • オーガニックチーズ
  • ベイビースピナッチ

ドレッシング

  • 1個のライム
  • バルサミックビネガー適量
  • オリーブオイル

最初にサーモン。オメガ3と言う必須脂肪酸をたくさん含んでいます。オメガ3は心臓病や癌やメタボリックシンドローム予防に大きくかかわっています。

次にアボカド。20種類のミネラルを持っているだけではなく、アボカドの良性脂質は、他のサラダに入っている野菜のビタミン吸収を3-5倍にも高めてくれます。

最後にオリーブオイル。アメリカの最も大きい病院の1つ マヨクリニック(Mayo Clinic)の最新リサーチでは、オリーブオイルに含まれている一価不飽和脂肪酸は、コレステーロールと血糖値のバランスを整えてくれます。

「体重を落としたいけど、おとせない」

「どうやったら、スリムに?」

アメリカで臨床して、常に目の当たりにするこの問題。

それは 「肥満」

矛盾を感じる人も多々かと思いますが、でもこれがアメリカの最新のリサーチです。

体重を効果的に落とすために必要な栄養素 それは 「脂質」

「良い脂質」は体を効率に働かせる大事な栄養素です。

良い脂質は

  1. 細胞膜にとって欠かせない栄養素。細胞膜を元気に保って、細胞間のエナジー消費を活性します。
  2. 1つ1つの細胞が健康になると、体全体のミネラルのバランスが良くなります。体の良いミネラルバランス=効率的なカロリーを消費してくれる体。
  3. 体内の多くの男性ホルモン女性ホルモンは脂質からなっています。男性ホルモンは男女ともに筋肉の発達に大きく影響します。バランスのとれた筋肉=ファットバーンボディー(脂肪燃焼に効率的な体)
  4. 女性ホルモンのバランスが崩れると、脂肪を蓄えやすい体になってしまいます。特にここアメリカでは、女性ホルモン「エストロゲン」バランスば著しく崩れています。そのため、更年期障害や中年女性の肥満が増えています。
  5. 脂質は中枢神経にとってなくてはならない栄養素です。脳、脊髄、末梢神経は体でもっとも大切な臓器です。その大切は臓器をヘルシーハッピーにすることで体すべての機能があっぷします。

長々と書きました、次回のブログではどのような脂質を取ったらいいのか、どのように料理したら栄養素を崩さずに効率よく吸収する情報をお伝えします。乞うご期待。

忙しい毎日の中でスムージーは友達。

ブレンダーさえ持っていれば、早い、美味しい、健康朝ごはんの出来上がり。

材料

  1. 1本のセロリ
  2. 1つかみのベイビースピナッチ(ほうれん草)
  3. 1葉のケール
  4. 1房のパセリ
  5. 1個のりんご
  6. 1つのバナナ
  7. 1-2カップのココナッツミルク もしくは アーモンドミルク
  8. オリーブオイル少々

すべての材料をブレンダーにいれてミックス。

さらに健康を目指す人に

  • 1-2個の生卵
  • ココナッツパウダー
  • レモン味のフィッシュオイル
  • プロテインパウダー

をブレンダーに追加

DrAkiOshita

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.